メリル・ストリープ、映画に込められた"希望"語る - 9.11後の世界に向けて

 

来日中の女優メリル・ストリープが5日、ディズニー最新ミュージカル映画『イントゥ・ザ・ウッズ』(3月14日公開)の記者会見に、赤ずきん役のリラ・クロフォードと共に出席した。

『イントゥ・ザ・ウッズ』来日記者会見に出席したメリル・ストリープ

3年ぶり4度目の来日となったメリルは「おはようございます」と日本語であいさつし、「東京に戻って来られてうれしい。私たちがこの映画を楽しんで作ったように、日本のみなさんもこの作品を楽しんで愛していただきたい」と日本のファンにメッセージを送った。

そして、「ロブ・マーシャル監督になりかわって、彼だったらこう言うだろうということを言います」と、体調不良のため来日が取り止めになった監督に代わり、本作に込められた思いを告白。「スティーヴン・ソンドハイムとロブ・マーシャルは長い間、この映画化の企画を実現したいと思っていました。そして、9.11が起きて、オバマ大統領が国民や遺族に『あなたたちは1人ではない』『だれも1人ではない』という言葉を言った時に、この映画は作られるべきだと思ったそうです」と明かし、「この映画は"希望"と、強い人間関係からできる"強さ"を表している」と伝えた。

また、過去に何度か断ってきた魔女役を本作で受けたことについて、「今まで断ったのは、オファーが来た時に若過ぎたし、いい人過ぎた。今は年をとったし、意地悪になったので受けました」と冗談交じりに返答。「この物語のすべての主人公は何かを欲している。魔女の場合は、自分の娘を溺愛していて、絶対に失いたくないという気持ちが非常に強い」と今回の魔女について説明し、「私も娘がいるので幸せになってほしいという思いがありますが、過保護になりすぎてはいけない。でも過保護的な気持ちは非常に共感できた」と理解を示した。

それでも、今回の魔女とは違い、子供の本当の幸せを考えているメリル。「母親として、どうやったらこの子がちゃんと育つようになるんだろう、また、人生はいろんなことが起きるので、何をしてあげたら安全でいられるのか常に考える」と親心を見せ、「親として最後に、子供が歩いていって去った時に振り返らなければ、ちゃんと強い自立した子供を育てたということになるので、それが今一番自分がやらなければならないと思っている仕事です」と語った。

(C)2015 Disney Enterprises, INC. All Rights Reserved.

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事