東京メトロ東西線妙典駅で大開口ホームドアの実証実験がスタート、3/7から

 

東京メトロは3月7日から、ホームドア開口寸法を拡大した二重引き戸式大開口ホームドアを東西線妙典駅1番線の1開口分に設置し、機器運用や通過列車による風圧の影響などを調べる実証試験を行う。

大開口ホームドア設置イメージ

今回設置するのは、東京メトロが有楽町線で設置している既存ホームドアに比べて開口部を840mm広く取った大開口ホームドア。高さは従来より50mm、奥行きは100mm、既存ホームドアより拡大。妙典駅1番線(西船橋方面)のりば行徳駅方の第10車両停車位置に設置し、実用性を確かめる。妙典駅の条項人員は1日4万6,793人(2013年度実績)。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【レポート】好調のアイス市場を牽引する立役者は「昭和生まれ」の“中年”商品!?
[09:30 6/27] 経営・ビジネス
[おそ松さん]オールフリーのキャンペーン告知動画第6弾はトド松 夏のバイトを始める…
[09:00 6/27] ホビー
【コラム】航空機の技術とメカニズムの裏側 第23回 航空機の動力系統(10)エンジンの騒音低減
[09:00 6/27] 企業IT
外国人は日本人のお金の使い方、どう思う?
[09:00 6/27] マネー
【連載】イチから復習! iPhone/iPadで活用したいビジネスアプリ 第41回 編集もできるマイクロソフト公式アプリ「Microsoft Word」
[09:00 6/27] 企業IT

本音ランキング