2014年の経常黒字、過去最少2.6兆円--"知的財産権等使用料"は過去最大の黒字

 

財務省は9日、2014年の国際収支状況(速報)を発表した。それによると、海外とのモノやサービスの取引状況などを示す経常収支は2兆6,266億円の黒字となった。黒字幅は前年比6,077億円(18.8%)減と4年連続で縮小し、比較可能な1985年以降で最少となった。

2014年経常収支(出典:財務省Webサイト)

貿易・サービス収支は13兆4,569億円の赤字。赤字幅は前年比で1兆2,049億円(9.8%)拡大し、過去最大を更新した。サービス収支が赤字幅を縮小したものの、貿易収支が赤字幅を拡大したことにより、赤字幅が拡大した。

貿易収支は10兆3,637億円の赤字。赤字幅は前年比で1兆5,903億円(18.1%)拡大し、過去最大を更新した。自動車や科学光学機器を中心に輸出が増加した一方、液化天然ガスや半導体等電子部品を中心とした輸入の増加が上回ったため、赤字幅が拡大した。

輸出額は前年比6兆2,936億円(9.3%)増の74兆1,225億円と、2年連続の増加。輸入額は同7兆8,839億円(10.3%)増の84兆4,862億円と、5年連続で増加した。

サービス収支は3兆932億円の赤字で、赤字幅は前年比で3,854億円の縮小。旅行収支が過去最少の赤字となったほか、「知的財産権等使用料」が過去最大の黒字となったことなどから、赤字幅は縮小した。

第1次所得収支は18兆712億円の黒字。黒字幅は前年比で1兆5,957億円(9.7%)拡大し、過去最大となった。 直接投資に係る配当金・配分済支店収益の受取増加等により直接投資収益が増加したことに加え、証券投資に係る債券利子の受取増加等により証券投資収益も増加したことで、黒字幅が拡大した。

第2次所得収支は1兆9,877億円の赤字で、赤字幅は前年比で9,985億円拡大した。

併せて発表した2014年12月の国際収支状況(速報)によると、12月の経常収支は1,872億円の黒字となった。黒字は6カ月連続。前年は6,799億円の赤字だった。

貿易・サービス収支は7,298億円の赤字。赤字幅は前年同月比で7,181億円の縮小。貿易収支は3,956億円の赤字で、赤字幅は同6,777億円の縮小。サービス収支は3,342億円の赤字で、赤字幅は同404億円の縮小となった。

第1次所得収支は1兆173億円の黒字で、黒字幅は前年同月比で1,720億円の(20.4%)拡大。第2次所得収支は1,003億円の赤字で、赤字幅は同231億円の拡大となった。

関連したタグ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

1人のWebエンジニアがVRアプリを2週間で作った話
[08:00 7/2] 企業IT
【連載】鉄道トリビア 第361回 箱根登山鉄道があじさいを植えた理由は観光客のためではない!?
[08:00 7/2] ホビー
【インタビュー】「ワンキュッパ」で三大キャリアに挑むY!mobile - ユーザーを取り込む積極的な取り組みについてキーマンに聞いた
[08:00 7/2] スマホとデジタル家電
【レビュー】Astell&KernのハイコスパDAP「AK70」レビュー - AK Jrの単なる強化版にあらず
[08:00 7/2] スマホとデジタル家電
がん患者、2012年は新たに86.5万人 がん研究センター推計
[08:00 7/2] テクノロジー