JR四国、春の臨時列車 - 「鉄道ホビートレイン」1往復が江川崎駅へ延長運転

 

JR四国はこのほど、春の臨時列車の運転計画を発表した。昨年3月のデビュー以来、好評を博している「鉄道ホビートレイン」は3月下旬から5月まで定期列車2本を運休し、代わって臨時列車2本を運転する。

「鉄道ホビートレイン」の臨時列車も運転

運休となる「鉄道ホビートレイン」定期列車は、土休日に運転している宇和島駅13時10分発近永行と、近永駅13時55分発宇和島行の普通列車2本。これに代わり、宇和島駅12時28分発江川崎行と、江川崎駅13時46分発宇和島行の普通列車2本を臨時列車として運転する。臨時列車運転日・定期列車運休日は3月21日から5月31日までの土休日。

人気のトロッコ列車は、土讃線琴平~大歩危間で、「絶景! 土讃線秘境トロッコ」のべ52本、予土線窪川~宇和島間で「しまんトロッコ」のべ56本運転。「絶景! 土讃線秘境トロッコ」は琴平駅9時58分発大歩危行と、大歩危駅14時20分発琴平行の1日1往復で、トロッコ乗車区間は上下とも坪尻~大歩危間。3月21日から5月31日までの土休日の運転となる。

「しまんトロッコ」は、宇和島駅10時29分発窪川行(「しまんトロッコ2号」上り)と窪川駅14時14分発宇和島行(「しまんトロッコ1号」下り)の1日1往復。トロッコ乗車区間は、上りが宇和島~土佐大正間、下りは江川崎~窪川間。運転日は3月14日から5月31日までの土休日。その他、5月1~6日の計6日間は、予讃線経由の特急「しおかぜ」を全編成岡山駅発着とするとともに、1両を増結して8両編成とする。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事