これは誰? 太田莉菜のオタクすぎる豹変写真6点公開「とうとう未開の地へ」

 

モデルで女優の太田莉菜の"オタクすぎる豹変写真"6点が5日、公開された。これは、映画『海月姫』(12月27日公開)で太田が演じた"まやや"の表情を写したもの。独特な仕草を体現し、原作から飛び出してきたようなキャラクターを演じている。

映画『海月姫』で"まやや"(右)を演じた太田莉菜

本作は、漫画家・東村アキコが2008年から漫画雑誌『Kiss』(講談社)で連載中の同名漫画を原作に、『L・DK』(2014年)などで知られる川村泰祐監督がメガホンを取った作品。能年玲奈演じるクラゲをこよなく愛する主人公・倉下月海(くらした つきみ)と、自らを"尼~ず"と称して「男を必要としない人生」を掲げる"オタク女子"たちとの共同生活を描いている。

太田が演じるのは"尼~ず"の1人で、三国志オタクの"まやや"。人形劇三国志でその世界に目覚め、切れ長の目に長身という特徴から、かつて周囲からは「殺し屋」「竹ぼうき」と呼ばれていた。トレードマークの緑ジャージは常に"イン"状態で、会話をしているとすぐに三国志の話題に持っていく。目元は前髪で隠れ、低く野太い声であることから、普段の太田の姿とはかなりギャップがある役どころとなっている。

キャスト発表時、「『とうとう未開の地へ足を踏み入れるときがやってきたか……』。 それが出演にあたっての感想です」と語っていた太田。もともと原作ファンだったことから、まやや役には「恐れ多すぎて、このひねくれ者のうっとうしい愛すべき"まやや"というキャラクターに、私が挑んで果たして大丈夫なものか……いやだめだ、でもやるんだ、いやでも、いや逃げちゃダメだ等の繰り返しでした」と葛藤も。それでも「この世界に加われること、とっても光栄なのと同時に作品をけがすことのないよう精いっぱい"まやや"を生きたいと思います」と意気込み、今回の写真のような豹変ぶりを披露した。

(C)2014『海月姫』製作委員会 (C)東村アキコ/講談社

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

グーグルが2つ目のビデオ通話アプリ「Duo」をリリース、一体何がしたいのか
[11:36 8/24] 経営・ビジネス
故障したNASAの太陽探査機から2年ぶりに信号届く - 通信途絶から復活果たす
[11:32 8/24] テクノロジー
羽鳥アナ、高畑容疑者逮捕に「これだけ活躍している時期に、なぜ…」
[11:31 8/24] エンタメ
【特別企画】現役女子高生ダンサーが初体験! 『制服×カホン』で踊ってみた
[11:30 8/24] スマホとデジタル家電
炊飯器だけで家族の夕食は作れる! 子どもが喜ぶトマトチキンライスプレート
[11:30 8/24] ライフスタイル

本音ランキング