中居正広、芸能人の売名行為を擁護「別に誰にも迷惑かからない」

SMAPの中居正広が、16日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00~10:55)に出演し、芸能人の売名行為に関して「いけないんですか?」と疑問を呈した。

お笑いトリオ・グランジの佐藤大と熱愛中の椿鬼奴

椿鬼奴とお笑いトリオ・グランジの佐藤大の熱愛がこのほど明らかになったが、「佐藤の売名なのでは?」という声が一部で上がっていることが番組内で紹介された。中居はこのことに触れ、「気にすることないと思います」と2人を励ましながら、「仮に売名だったらいけないんですか?」と投げかけた。

これに、ゲストの坂上忍が「いけなくない」と反応すると、中居は「仮に売名でも、別に誰にも迷惑かからない」とコメント。また、芸能人の熱愛発覚や結婚発表などが出演作品の宣伝時期と重なることが多いことについては「僕はやったことはないですけども」としながらも、「それも別に僕は悪くないと思う」と主張した。

レギュラーコメンテーターの松本人志はこのことについて、「本人たちが知らないだけで、(宣伝のタイミングで)マネージャーとかがポロッと話していることはあると思う」と推測。「マジでこれ思ってんねんけど」と前置きした上で、「まだ独身やった時に(自分の)しょうもないニュースが出てやっぱり思ったもん。絶対に浜田(雅功)が何かやって、俺が庇ってるんやなって」「思い当たることが何回かある」と告白した。

一方、ゲスト出演した杉田かおるも「プロデューサーは、ハメますよ」と明かし、過去に出演したドラマの放送時期に男性を杉田の隣に座らせて意図的に熱愛写真を撮られたことがあると暴露。「古いやり方ですけど、そういうことをされたことはあります」と語り、「私もビックリしましたけど」と当時を振り返っていた。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事