オリンパス、ステップズームなどを追加したF2.8通しコンデジ「STYLUS 1s」

 

オリンパスイメージングは10月29日、コンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS STYLUS 1s」を発表した。発売は11月中旬で、価格はオープンとなっている。推定市場価格は65,000円前後(税別)。

「OLYMPUS STYLUS 1s」

焦点距離28~300mm(35mmフィルム換算時)の全域で開放F2.8を実現したi.ZUIKO DIGITALレンズを搭載する高級コンパクトデジカメで、2013年10月発表の「OLYMPUS STYLUS 1」の後継となるモデルだ。10群12枚のレンズ構成で、一眼レフ用と同等基準で開発された高い描写性能の非球面レンズが9枚採用されている。これが各種収差を効果的に補正し、高画質を実現。また、独自の反射防止技術「ZERO(Zuiko Extra-low Reflection Optical)コーティング」が、逆光などの悪条件下でもクリアな描写性能を確保する。

今回のモデルでは、ユーザーから要望が多かったという機能を新たに搭載。AFターゲットのサイズを小さくして狙った部分にピンポイントでフォーカスしやすい「スモールAFターゲット」 、特定の焦点距離にスピーディーにセットできる「ステップズーム」、マニュアルフォーカス時に合焦位置付近の輪郭を強調表示する「フォーカスピーキング」などが追加された。ステップズームでセット可能な焦点距離は28mm、35mm、50mm、70mm、85mm、100mm、135mm、200mm、300mm相当となっている(いずれも35mmフィルム換算時)。

そのほか、ミラーレス一眼「OM-D E-M5」と同等のEVF(電子ビューファインダー)や、マニュアル撮影時に高い利便性を発揮するハイブリッドコントロールリング、親指で操作できるサブダイヤルなどを備え、快適な撮影が楽しめるようになっている。EVFは表示画素数が144万ドット、視野率が100%で、被写体をクリアに捉えることが可能だ。ファインダーを覗くとEVF表示に切り替わるアイセンサー機能も搭載する。

従来機同様に、Wi-Fi機能も内蔵。スマートフォンなどと連携可能で、撮影した画像をワイヤレスで転送したり、スマートフォン上でライブビュー画面を見ながらSTYLUS 1sをリモート操作したりすることができる。

主な仕様は、撮像素子が有効1,200万画素の1/1.7型CMOSセンサー(裏面照射型)、レンズが焦点距離28~300mm(35mmフィルム換算時)、開放F値がF2.8(ズーム全域)、対応感度がISO100~ISO12800となっている。背面のモニターは約104万ドット・3型の液晶方式(タッチパネル)、利用可能な記録メディアはSD/SDHC/SDXCメモリーカード(Eye-Fiカード含む)、記録形式は静止画がRAW、JPEG、動画がMOV(MPEG-4/H.264)、Motion JPEG、動画の最大記録画素数は1,920×1,080ドット(フルHD)/30pだ。

バッテリーは専用リチウムイオン充電池を使用し、CIPA準拠の撮影可能枚数は約450枚となっている。サイズはW116.2×D56.5×H87mm、重量は402g(電池、メモリーカードを含む)。

フォトギャラリー(クリックで拡大とスライドショー)

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

高畑裕太容疑者の知人「みんな注意していた」- 小倉智昭、前日証言を明かす
[13:34 8/24] エンタメ
坂上忍、高畑裕太容疑者の行為「卑劣としか言いようがない」
[13:32 8/24] エンタメ
トレンドマイクロがセキュリティ動向を分析 - ランサムウェア感染が7倍に
[13:24 8/24] 企業IT
[山本耕史]「お子さん順調?」の声かけに笑顔でうなずく
[13:23 8/24] エンタメ
PowerShellをLinuxとMacにインストールする方法
[13:19 8/24] 企業IT