『舞妓はレディ』の上白石萌音、初主演舞台で原発事故に巻き込まれた少女に

 

主演映画『舞妓はレディ』(2014年)で山路ふみ子映画賞・新人女優賞を受賞した上白石萌音が、12月10日から東京・シアタートラムで上演される『みえない雲』で舞台初主演を務めることが22日、明らかになった。

舞台『みえない雲』で主演を務める上白石萌音

同作は、チェコ出身のグードルン・パウゼヴァングによる青少年向け小説『みえない雲』が原作。世界13カ国で翻訳され、2006年にはドイツで映画化された。今回、日本で初めて舞台化されることになり、上演台本・演出を劇団「ミナモザ」主宰の瀬戸山美咲氏が担当する。

上白石が演じるのは、ドイツの田舎町シュリッツで原発事故に巻き込まれて家族や住む場所を失い、混乱の中を力強く生きる14歳の女の子。シアタートラムにて、16歳で主演を務めるのは上白石が初めてとなる。そのほか、陽月華、塩顕治、中田顕史郎、大原研二(DULL-COLORED POP)、浅倉洋介、橘花梨、石田迪子、つついきえ、佐藤真子、間瀬英正、大森美紀子(演劇集団キャラメルボックス)が出演する。

上白石は「この作品にはたくさんのテーマが詰まっていると思います。命の尊さ、生きるということの意味、家族の大切さ。これからお稽古をしていく中で、また新しいテーマにも出会うことになると思います」と同作の魅力を伝え、「それがお客様に伝わるように、大切にお芝居をしたいです。私は、舞台を観ていて感じる、劇場の一体感が大好きなので、その一体感を味わっていただけるようなお芝居ができるように頑張ります!」と意気込みを表した。

瀬戸山氏は「とても可憐で、守ってあげたくなるようなはかなげな雰囲気もある彼女ですが、一方で彼女のまっすぐな瞳は、全てを丸裸にする力があると思います。私たち大人は、彼女の前で嘘をつけない。少女と大人の狭間にいる、今の彼女にしか出来ない役です。彼女には、劇場という空間に集まったお客さんを一緒に旅に連れて行ってほしいです。そのためには、その瞬間瞬間を一生懸命感じて、受け止めて、生き抜いてくれたらと思います」とその才能に期待を寄せ、「彼女の新しい魅力を皆さんにお見せしていきたいです」と負けじと意欲を燃やしている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

1年間の貯金額は何円? - 「0円」「100万円」が共に2割
[17:30 9/25] マネー
[Rewrite]テレビアニメ第2シーズンが17年1月スタート
[16:39 9/25] ホビー
[佐々木希]混浴カットでバスタオル“バッ”「開放的になりました」 写真集イベントに1000人来場
[16:29 9/25] エンタメ
「夏目友人帳」ニャンコ先生のブックバンドがLaLaに、「ユキ堕ち」は完結
[16:09 9/25] ホビー
[ガンダム]フルアーマーガンダムがフィギュア化 装甲の着脱も
[16:06 9/25] ホビー

本音ランキング