「国家公務員給与」、7年ぶり引き上げ決定--平均年収661万8000円に

 

政府は7日に開催した給与関係閣僚会議において、国家公務員の給与改定に関する取扱いを決定した。2014年度の国家公務員の給与については、8月の人事院勧告通り、月給を平均0.27%、ボーナス(期末・勤勉手当)を0.15カ月分、それぞれ引き上げることを決定した。

民間企業で賃金引き上げの動きが見られることから、人事院が民間との格差を解消するため、国家公務員の給与を引き上げるよう勧告していた。給与が引き上げられるのは2007年以来、7年ぶり。引き上げが実施されると、国家公務員の平均年間給与は行政職(平均年齢43.5歳)で7万9,000円増え、661万8,000円となる。

また、民間との間に差があることを踏まえ、高卒・大卒の初任給を2,000円アップした一方、民間より高額となっている55歳以上の給与については据え置くことを決定。さらに、民間賃金の低い地域における公務員給与の水準を是正するため、3年間の経過措置(激変緩和措置)を置いた上で、俸給表の水準を平均2%引き下げ、特に55歳以上の給与については最大4%引き下げることを決めた。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

和光堂の離乳食に樹脂片が混入 - アサヒグループ食品が自主回収を開始
[17:54 8/29] ライフスタイル
スタンディングしたまま仕事も! 最大50cmまで高さ調節できるパソコン台
[17:48 8/29] パソコン
上海問屋、キャリーバッグ型でキュートなiPhoneケース
[17:47 8/29] スマホとデジタル家電
LINE、PCやタブレットからも新規登録が可能に
[17:46 8/29] スマホとデジタル家電
佐川やヤマトなど、東京メトロを活用した物流実証実験
[17:45 8/29] 企業IT