「国家公務員給与」、7年ぶり引き上げ決定--平均年収661万8000円に

御木本千春  [2014/10/07]

政府は7日に開催した給与関係閣僚会議において、国家公務員の給与改定に関する取扱いを決定した。2014年度の国家公務員の給与については、8月の人事院勧告通り、月給を平均0.27%、ボーナス(期末・勤勉手当)を0.15カ月分、それぞれ引き上げることを決定した。

民間企業で賃金引き上げの動きが見られることから、人事院が民間との格差を解消するため、国家公務員の給与を引き上げるよう勧告していた。給与が引き上げられるのは2007年以来、7年ぶり。引き上げが実施されると、国家公務員の平均年間給与は行政職(平均年齢43.5歳)で7万9,000円増え、661万8,000円となる。

また、民間との間に差があることを踏まえ、高卒・大卒の初任給を2,000円アップした一方、民間より高額となっている55歳以上の給与については据え置くことを決定。さらに、民間賃金の低い地域における公務員給与の水準を是正するため、3年間の経過措置(激変緩和措置)を置いた上で、俸給表の水準を平均2%引き下げ、特に55歳以上の給与については最大4%引き下げることを決めた。

関連したタグ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

櫻井翔&小山慶一郎、日テレ参院選特番に冒頭から登場「歴史的な夜に」
[06:00 6/26] エンタメ
[欅坂46]結成1年目最後の日に“けやき坂”でライブ テレ朝夏祭りに出演
[05:00 6/26] エンタメ
欅坂46、デビュー1年目最後の日にけやき坂でライブ「すごく大事な場所」
[05:00 6/26] エンタメ
[内田理央]「MORE」連動の水着写真集 逢沢りなと2ショットも
[00:00 6/26] エンタメ
『ニンジャスレイヤー』、コンピアルバム「伐」発売記念でニコ生一挙放送
[00:00 6/26] ホビー