京都府・伏見稲荷近くに、保護猫カフェがオープン

エボル  [2014/09/12]

京都府京都市伏見区にこのほど、「Neko Cafe TiME(猫カフェタイム)」がオープンした。

「Neko Cafe TiME」がオープン

猫も人も幸せになれるお店作りを目標に

同店は、捨て猫で保護された子猫や、飼い主の事情によって行き場を失った猫たちが安心して過ごせる場所としてオープンした猫カフェ。

伏見稲荷大社のすぐそばで、可愛い猫たちと触れ合える。リバーサイドのパノラマビューカウンターでは、日常の喧噪から離れた、ゆったりした時間が過ごせる。

伏見稲荷大社のすぐそばで、可愛い猫たちと触れ合える

現在、店には10匹の猫たちが在住。育った環境や精神的なショックなどにより、人間不信だった猫たちのため、最初は人に慣れずに隠れてばかりだったが、最近はようやく、すりすりと甘えたり、撫でられるとゴロゴロと喜んだりできるようになっているという。

しかしながら、まだまだ、上の方からずかずかと近寄って来られたりすると、怖くて逃げ回ってしまうような子たちのため、同店では「長い目で見守っていただければ」と話している。

住所は、京都府京都市伏見区深草一ノ坪町12-2 久安ビル2階。受付時間は、9時30分~18時30分。 営業時間は20時までで、18時30分を過ぎた時点で利用者がいなければ閉店となる。年中無休。

関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

2016年5月25日の運勢

イチオシ記事

新着記事

【連載】鉄道ニュース週報 第21回 JR夏の臨時列車、「乗り鉄」おすすめ列車はコレ!
[08:00 5/25] ホビー
データ・アプリケーション、エンタープライズ・データ連携基盤「ACMS Apex」
[08:00 5/25] 企業IT
【レポート】異色のテーマ設定も新エリアが好調! よみうりランドにみる遊園地進化論
[08:00 5/25] 経営・ビジネス
【レポート】コスパ最強! フライパン1つで節約パスタレシピ
[08:00 5/25] マネー
【連載】自動車ニュースを読み解く 第10回 ボルボが凄いことになっている - 2台のコンセプトカーが示す将来の姿は
[07:30 5/25] ホビー

特別企画 PR