ソニー、スマホに取り付け可能な30倍ズーム「レンズスタイルカメラ QX30」

ソニーは9月10日、デジタルカメラ「レンズスタイルカメラ QX」シリーズとして「DSC-QX30」を発表した。発売は10月10日で、価格はオープンとなっている。推定市場価格は44,000円前後(税別)。

「DSC-QX30」

「レンズスタイルカメラ」は、液晶モニターなどを省き、アタッチメントでスマートフォンに装着できるようにしたカメラ。ドイツで開催されていた「IFA 2014」のプレスカンファレンスにおいて海外での発売はすでに発表されていたが、このたび、日本での発売が正式に発表された形だ。なお、従来モデル「DSC-QX10」および「DSC-QX100」は「サイバーショット(Cyber-shot)」シリーズとしてリリースされていたが、今回のモデルから「レンズスタイルカメラ」とブランド名が刷新された。

関連記事
スマホが30倍ズームカメラに!ソニー「レンズスタイルカメラ QX30」海外発表(2014年9月4日)

DSC-QX30は、光学30倍のズームレンズを搭載するモデル。全画素超解像ズーム併用時は60倍まで劣化を抑えたデジタルズームが可能となっている。画像処理エンジンは、レンズ交換式デジタルカメラ「α」シリーズやコンパクトデジタルカメラ「サイバーショット」シリーズの現行モデルと同様に、「BIONZ X」に進化。従来モデル比で約3倍となる高速処理性能により、デジタル特有の輪郭強調を抑える「ディテールリプロダクション技術」や、絞り込み時に問題となる「回折低減処理」、被写体を分析してエリアごとに最適なノイズ低減を行う「エリア分割ノイズリダクション」を行う。

選択した被写体を追尾する「ロックオンAF」や最大10枚の連写が可能となり、カメラとしての性能が進化したほか、本製品の特性に合致した機能も多数搭載。「ライブビューリモコン」から最大5台のDSC-QX30でシャッター操作、動画記録操作を行える「マルチカメラコントロール」、タッチシャッター、片手での操作に適した新ユーザーインタフェースなどを備える。なお、スマートフォン側の操作で撮影するには専用アプリ「PlayMemories Mobile」が必要となる。スマートフォンとの接続にはWi-Fi(無線LAN)を使用し、対応スマートフォンとであればNFC部にかざすだけで接続設定が可能だ。

主な仕様は、撮像素子が有効約2,040万画素の1/2.3型Exmor R CMOSセンサー(裏面照射型)で、レンズが焦点距離25~750mm(35mmフィルム換算時)の光学30倍ズーム、開放F値がF3.5~F6.3、対応感度がISO80~ISO12800(プレミアムおまかせオート時)となっている。

記録メディアはメモリースティック マイクロ(Mark2含む)、microSD/SDHC/SDXCメモリーカードが利用可能で、記録形式は静止画がJPEG、動画がMP4、動画の記録画素数が1,920×1,080ドット/60pとなっている。付属バッテリーの撮影可能枚数は約200枚。

サイズはW68.4×D57.6×H65.1mm、重量は本体のみで約178g、バッテリーとメモリースティック マイクロを含む状態で約193g。

フォトギャラリー(クリックで拡大とスライドショー)

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事