東京都・東池袋大勝軒の味が「空弁」に! 羽田空港で「大勝軒 らぁ丼」発売

 

日本エアポートデリカと大勝軒は9月5日より、羽田空港の新しい空弁として「大勝軒 らぁ丼」を発売した。

空の上でも食べやすいよう、つけ麺を丼にして開発

味付け半熟たまごや特製チャーシューも

元祖つけ麺の店として有名な「大勝軒」は、開業当初から行列の絶えない店として愛され、創業者の山岸一雄氏が作り上げた「味と心」を、修業を積んだ弟子たちが今も受け継いでいる。その味を空で提供するにあたり、せまい機内でも食べやすいスタイルに配慮した。 新しく開発された「大勝軒 らぁ丼」は、このつけ麺スープをダシに、炊き込みご飯として「どんぶり弁当」に仕上げている。炊き込みご飯の上には、味付け半熟たまごや特製チャーシュー、ピリ辛とりそぼろ、のり、なると、メンマ、もやし、紅しょうがをトッピング。旅のお供のほか、お土産としてもオススメとのこと。

パッケージデザイン

価格は税込880円で、羽田空港第1旅客ターミナル2階「空弁工房」「ピア」「ベイサイド」各店、第1旅客ターミナル2階「BLUE SKY ゲートショップ」各店、第2旅客ターミナル 2 階「空弁工房」「ピア」「シーサイド」各店などで発売している。

※「らぁ丼」は商標登録出願中

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

鈴木保奈美が18年ぶり連ドラ主演! 安田成美から"とんねるず夫人"リレー
[09:02 6/29] エンタメ
【連載】グローバル企業が押さえておきたいITインフラの勘所 第4回 データセンターをどう選ぶ?知っておきたい4つのカテゴリー(前編)
[09:00 6/29] 企業IT
【レポート】家電量販店は"男性社会"にあらず - ビックカメラ女性人事に聞く
[09:00 6/29] 経営・ビジネス
フット後藤、指原2連覇で"喜んでいた"を否定「すげぇなという驚きです!」
[08:13 6/29] エンタメ
横山裕、フット後藤のMC術に敬服「『日本一!』まで言うたろかなと」
[08:13 6/29] エンタメ