寝台特急「北斗星」「トワイライトエクスプレス」など10月以降の運転日は?

 

JR北海道、JR東日本、JR西日本は22日、青函トンネルを含む津軽海峡線(青森~函館間)を走行する夜行列車の運転計画(2014年10月から2015年2月まで)を発表した。

寝台特急「北斗星」。青森~函館間はED79形が牽引する

津軽海峡線では、北海道新幹線開業に向けた総合的な検査・試験の実施にともない、列車を運転しない時間帯を拡大する必要があるという。これにより、大阪・上野・青森~札幌間で運転される寝台特急・急行列車に運休や時刻変更などが発生する。

上野~札幌間の寝台特急「北斗星」は、下り(上野発)が10月5・12・13日と12月6・7・14・21日、12月28日から1月4日まで運休に。上り(札幌発)は10月6・13・14日と12月7・8・15・22日、12月29日から1月5日まで運休となる。

同区間を走る臨時の寝台特急「カシオペア」は、10~12月に車両の定期検査などを実施。下り(上野発)の運転日は12月18・20・22・25・27日、1月10・12・14・18・20・22・24・26・28・30日と2月の毎週日・火・金曜日で、うち1月12・20・24日の列車は函館駅から札幌駅までの時刻が変更され、通常より1時間前後の遅れが生じる(札幌駅10時44分着)。上り(札幌発)の運転日は10月1日と、12月19・21・23・26・28日、1月11・13・15・19・21・23・25・27・29・31日、2月の毎週月・水・土曜日となる。

大阪~札幌間の臨時の寝台特急「トワイライトエクスプレス」は、すでに来春の運行終了が発表されている。下り(大阪発)の運転日は、10月1・3・4・7・8・10・11・14・15・17・18・20・21・22・24・27・28・29・31日、11月1・4・5・6・8・12・14・17・20・21・22・24・26・27・28・29日、12月1・3・4・5・8・10・11・12・13・15・17・18・19・20・22・23・24・25・26・27日、1月5・6・10・13・14・19・21・22・23日と、1月26日から2月28日までの日曜日を除く毎日。うち11月12・17・27・29日と1月13・19・21・23日の列車は洞爺駅から札幌駅までの時刻が変更され、1時間前後の遅れが生じる(札幌駅10時44分発)。

上り(札幌発)の運転日は、10月2・4・5・8・9・11・12・15・16・18・19・21・22・23・25・28・29・30日、11月1・2・5・6・7・9・13・15・18・21・22・23・25・27・28・29・30日、12月2・4・5・6・9・11・12・13・14・16・18・19・20・21・23・24・25・26・27・28日、1月6・7・11・14・15・20・22・23・24日と、1月27日から2月28日までの月曜日を除く毎日。うち11月28・30日と1月14・20・22・24日の列車は時刻が変更され、札幌駅を16時12分に発車し、大阪駅には翌日16時53分に到着する。

青森~札幌間の急行「はまなす」は、下り(青森発)の運休日が10月6・13・14日、12月7・8・15・22日と12月29日から1月5日までの毎日、上り(札幌発)の運休日が10月5・12・13日、12月6・7・14・21日と12月28日から1月4日までの毎日。10月6・9・16・25・26・30日と11月2・3・7・9・10・13・15・16・19日、1月7・8・9・15・16・17日の上りは時刻が変更され、函館駅3時56分発、青森駅6時15分着となる。

なお、これらの夜行列車に関して、2015年3月以降の運転計画は「決定次第お知らせいたします」(JR北海道、JR東日本、JR西日本)としている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事