Toshl、12年間の洗脳生活を生激白! X JAPAN脱退&解散ライブの裏も明らかに

X JAPANのToshlが、8月22日放送のTBS系バラエティ番組『中居正広の金曜日のスマたちへ』(毎週金曜21:00~21:54、22日は19:56~21:48)のスペシャル放送に出演し、12年にわたり洗脳された衝撃の過去について生激白することがこのほど、明らかになった。

12年にわたる洗脳生活を生激白するToshl

今年7月23日に発売された著書『洗脳』で、12年わたる洗脳・マインドコントロールについて告白したToshl。スタジオでは、その苦悩の日々や恐怖の体験を、生激白する。また、本人の証言VTRや、洗脳に至る経緯やその後の洗脳生活を再現したVTRなどを紹介。心の中にあった小さな悩みを巧みに利用され、気付かぬうちに考え方・生き方を支配され、大金も奪われ、しまいに逃れることができなくなっていた実体験を語る。

そして、世界進出を目前にしながらX JAPAN脱退を決意し、その思いをメンバーに告白して行われた解散コンサートの当日も、洗脳団体からどう喝を受けていたことが明らかに。脱退時にYOSHIKIと交わした会話のほか、インタビューでは、hideの自殺にも触れる。さらに、自らの再起を期して、また、迷惑をかけた多くの人への反省の念を込めて、X JAPAN解散前に最後に歌った曲「Forever Love」をスタジオで披露する。

著書の冒頭で「長年にわたり人を騙し続けることは、ある意味"人を殺害する"その行為以上に残虐ともいえる。人の心を操り、それをどこまでも繰り返すこと、それが"洗脳"という恐ろしさである。」と記したToshl。「この言葉の真の意味がリアルに伝わるような番組内容になっていると思います。ぜひ多くの方々に見ていただきたいメッセージがそこにあります」と番組について話している。

なお、スタジオには、かつて新興宗教に入信した経験を持つ飯星景子と、カルト集団による洗脳の被害を減らす活動をしている弁護士・紀藤正樹氏も出演。飯星は、自らの経験を踏まえ、洗脳・マインドコントロールの恐ろしさを語り、紀藤氏は、洗脳する集団への対抗策や、洗脳された被害者を助けるための手段などを説明する。

「Forever Love」を披露するToshl

(C)TBS

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事