上半期として初の「経常赤字」に転落--2014年上半期、"旅行収支"受取は過去最大

 

財務省は8日、2014年上半期(1~6月)の国際収支状況(速報)を発表した。それによると、海外とのモノやサービスの取引状況などを示す経常収支は5,075億円の赤字となった。前年同期は3兆3,131億円の黒字だった。上半期として赤字になるのは比較可能な1985年以降で初めて。半期ベースでは2013年下半期に続く2期連続の赤字となる。

貿易・サービス収支は7兆6,904億円の赤字。赤字幅は前年同期に比べて2兆8,273億円拡大した。

2014年上半期経常収支(出典:財務省Webサイト)

貿易収支は6兆1,124億円の赤字。赤字幅は前年同期比で2兆6,855億円拡大した。自動車や科学光学機器を中心に輸出が増加したものの、液化天然ガスや原粗油を中心とした輸入の増加が上回ったことが、影響した。

輸出額は前年同期比2兆6,724億円(8.1%)増の35兆7,627億円と、3期連続の増加。輸入額は同5兆3,579億円(14.7%)増の41兆8,752億円と、9期連続の増加となった。

サービス収支は1兆5,780億円の赤字。赤字幅は前年同期比で1,418億円拡大した。知的財産権等使用料の収支が過去最大の7,855億円の黒字、「旅行収支」の受取が過去最大の8,734億円となったものの、「その他サービス収支」が赤字幅を拡大したため、全体では赤字幅が拡大した。

第1次所得収支は8兆3,226億円の黒字。黒字幅は前年同期比で3,652億円縮小した。証券投資に係る債券利子の受取増加などにより証券投資収益が増加したが、直接投資に係る配当金・配分済支店収益の受取が、大きな伸びを記録した前年同期と比べ減少したことなどにより、直接投資収益が減少し、黒字幅が縮小した。

第2次所得収支は1兆1,397億円の赤字。赤字幅は前年同期比で6,281億円拡大した。まとまった経常移転の支払が赤字幅の拡大につながった。

同省は併せて、2014年6月の国際収支状況(速報)を発表。それによると、6月の経常収支は3,991億円の赤字となり、5カ月ぶりに赤字に転落した。

貿易・サービス収支は7,677億円の赤字。赤字幅は前年同月に比べて5,399億円拡大した。赤字は27カ月連続。

貿易収支は5,371億円の赤字。前年同月は165億円の黒字だった。赤字は12カ月連続。

輸出額は前年同月比2,581億円(4.4%)増の6兆1,153億円で、16カ月連続の増加。輸入額は同8,118億円(13.8%)増の6兆6,524億円で、2カ月ぶりの増加となった。

サービス収支は2,306億円の赤字。赤字幅は前年同月より138億円縮小した。

第1次所得収支は4,182億円の黒字で、黒字幅は前年同月比で2,533億円縮小。第2次所得収支は495億円の赤字で、赤字幅は同164億円縮小した。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[福山雅治]黒柳徹子とのメアド交換告白 パパラッチ役に手応えも
[13:07 10/1] エンタメ
[来週のべっぴんさん]第1週「想いをこめた特別な品」 ヒロインの“原点”? 病気の母のため思い込め…
[13:00 10/1] エンタメ
「イノベーション」を目的に引っ越したヤフー、こだわりの中身は?
[13:00 10/1] 企業IT
石原さとみ、ドラマ情報彫刻された"赤鉛筆アート"に「地味にスゴイ!」
[13:00 10/1] エンタメ
ギョエー!楳図かずおグッズ通販サイト開設、複製原画の手渡しイベントも
[12:41 10/1] ホビー