阪急電鉄6000系1編成を能勢電鉄へ譲渡 - 特急「日生エクスプレス」にも使用

 

能勢電鉄はこのほど、阪急電鉄から6000系車両8両を譲り受け、運行を開始した。

阪急電鉄から能勢電鉄に譲渡された6000系

阪急6000系は1976年にデビューした通勤形電車。現在も阪急宝塚線などを中心に運行しているほか、1997年11月から朝夕のラッシュ時に日生中央~阪急梅田間で運行される能勢電鉄直通の特急「日生エクスプレス」としても使用されている。今回、能勢電鉄が譲渡を受けたのは6002号編成(6002、6502、6552、6562、6572、6582、6602、 6102)。今後も特急「日生エクスプレス」として運行するほか、阪急宝塚線でも使用される。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事