松山ケンイチ、"終戦69年"特別企画でTBSドラマ初主演! 共演に二階堂ふみら

俳優の松山ケンイチが主演を務め、終戦後の満州残留孤児たちの姿を描くTBS系スペシャルドラマ『テレビ未来遺産"終戦69年"ドラマ特別企画 遠い約束~星になったこどもたち~』が、8月25日21:00より放送されることがこのほど、明らかになった。

主演を務める松山ケンイチ(右)とヒロイン役を務める二階堂ふみ(左)

本作は、広島原爆の犠牲者数約14万人を超える、24万5,000人を失った戦後満州の難民収容所での孤児たちの姿を、実体験に基づいて描いた増田昭一作『満州の星くずと散った子供たちの遺書』『戦場のサブちゃんとゴン』『約束』(夢工房刊)をドラマ化した作品。過酷な環境の中で懸命に生きた子供たちと、それを見守る大人たちの姿を描く。

TBSドラマ初出演の松山ケンイチが演じるのは、満州の難民収容所で子供たちの姿を目の当たりにして「生きることとは何なのか?」を自問自答し、葛藤する関東軍の中尉・戸田英一。そして、英一を叱咤激励し、子供たちの支えとなるヒロインの小学校教師・水野有希子を女優の二階堂ふみが務める。

また、収容所で英一が出会う子供たちは、子役ブームを巻き起こした加藤清史郎のほか、山田望叶、五十嵐陽向らが演じる。さらに、現代の英一役に、本人も満州での体験を語り継いでいるという宝田明、英一の父親役に椎名桔平、そのほか深田恭子、前田吟、笹野高史、柄本時生らも出演する。

松山は「この作品は、平和の中に生きている僕たちに"この時代"を忘れないということが、どんな豊かさよりも尊いものだと教えてくれます」と本作に込められたメッセージを説明。二階堂も「間もなく戦後70年。絶対に繰り返してはならない、受け継いでいかなくてはいけない、そういう気持ちで現場に参加させていただいています」と語っている。

なお、ドラマの冒頭では、主演の松山本人が中国の長春を訪れ、当時を知る証言者たちに話を聞くドキュメンタリーも放送する予定となっている。

収容所の子供たちを演じる加藤清史郎(一番右)ら

(C)TBS

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事