カワウソと握手できる動物園のサービスが話題に -プニプニの肉球が最高!

Ayumi  [2014/07/17]

千葉県の市川市動植物園で、コツメカワウソと握手ができるコーナーが話題を呼んでいる。コツメカワウソは、コーナーに設置された透明のアクリルパイプから手を出し、来園者の指をタッチしてくれる。

カワウソの習性を利用

コツメカワウソは、魚やエビ、カニなどを捕まえるために、石の隙間に手を入れる習性がある。この習性と、好奇心旺盛だという性格を活かして設置されたのが、握手コーナーだ。同園広報担当者は「手を出してくれるかはカワウソの気分次第なので、確実に握手できるかは分かりませんが、ぜひ、プニッとした肉球の感触を楽しんでほしいです」とアピール。「コツメカワウソは尖った爪がないので、人間を傷つけることもなく、お子様でも安心して握手できるのが魅力です」と付け加えた。

ちなみに、コツメカワウソの普段の生活を聞いてみると、「気まぐれに泳いでいることも多いですが、餌を食べて、遊んで、お腹いっぱいになったら寝て……というのを繰り返していますね」とのこと。

握手はお腹が空いたときにすることが多いそうで、「昼過ぎが狙い目です」と、ベストタイミングを教えてくれた。最後に同広報は「コツメカワウソが元気に暮らしている姿を見て、思いを馳せてください!」とコメント。

市川市動植物園の詳細

市川市動植物園は、JR本八幡駅から「動植物園」行きバスで約30分(※土・日・祝日のみ運行)、または、北総線大町駅から徒歩約30分でアクセスできる。同動物園のテーマは、"動物たちとのふれあい"とのことだ。

カワウソと握手できるだけではなく、話題の「流しカワウソ」も楽しむことができる。また、カワウソだけでなく、レッサーパンダやスマトラオランウータンも見ることができる。その他、なかよし広場のモルモット(テンジクネズミ)にも、開園中いつでもさわることができるというので、楽しめる夏のお出かけスポットとして、さっそくチェックしてみてはいかがだろうか。

その他の画像

特別企画 PR

人気記事

一覧

2016年5月28日の運勢

イチオシ記事

新着記事

NTTデータとネットイヤーグループ、流通業界へのオムニチャネル推進で協業
[09:00 5/28] 企業IT
自分に適したヘアケア方法や将来なりやすい病気がわかる遺伝子検査スタート
[09:00 5/28] ヘルスケア
【連載】鉄道トリビア 第356回 ひたちなか海浜鉄道は、総延長約2万1,000kmの路線の一部である
[08:00 5/28] ホビー
TVアニメ『この美術部には問題がある!』、キービジュ&追加キャスト公開
[08:00 5/28] ホビー
TVアニメ『不機嫌なモノノケ庵』、追加キャストに立木文彦や谷山紀章ら
[07:30 5/28] ホビー

特別企画 PR