カナルワークス、3Way・8ドライバーを搭載したカスタムイヤーモニター

カナルワークスは6月23日、カスタムイヤーモニター「CW-L71」と「CW-L71PSTS」を発表した。6月28日より受注を開始し、8月より生産を開始する。希望小売価格は、CW-L71が140,000円で、CW-L71PSTSが150,000円(いずれも税別)。

「CW-L71」

カナルワークスは、日本国内では数少ないカスタムイヤーモニターメーカー。現在、民生用としては、フルレンジモデルの「CW-L01」「CW-L01P」から、3Way・6ドライバーモデルの「CW-L51a」まで10製品のラインナップを展開している。

今回発表されたCW-L71とCW-L71PSTSは、CW-L51aをベースに高解像度化を図ったもの。CW-L51aは、Hi、Mid、Loにそれぞれ2本のBA(バランスド・アーマチュア)ドライバーを使用していたが、CW-L71とCW-L71PSTSでは、高域用に4本のBAドライバーを使用している。また、オープンベントタイプの超高感度BAドライバーを採用することで、ハイスピードな低域を実現している。

CW-L71とCW-L71PSTSの違いは、CW-L71PSTSが、調整用抵抗を使用してより自分にあったサウンドに調節できる「PSTS」に対応している点。なお、CW-L71には、CW-L71PSTSの標準セッティングの抵抗が内蔵されている。

「PSTS」に対応している「CW-L71PSTS」

インピーダンスはいずれも20Ωで、感度は109dB。CW-L71PSTSのPSTS可変範囲(80Hz)は,+12dB~-4dB(11ステップ)。ケーブルは着脱式で、長さは127cmと162cmから選択できる。カラーはクリアかブラック。オプションとして、極細で銀コート処理を施した「ステルスケーブル」も用意されている。

着脱式のケーブルを採用

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事