川島良彰監修のコーヒーストーリー、スピリッツで開幕

「僕はコーヒーがのめない」のカット。

本日5月12日発売の週刊ビッグコミックスピリッツ24号(小学館)にて、福田幸江原作・吉城モカ(霜月かよ子)作画による新連載「僕はコーヒーがのめない」がスタートした。監修はコーヒーハンターとして知られる川島良彰が務めている。

「僕はコーヒーがのめない」の主役は、飲料メーカーに務める営業マン。やり手でお調子者の加賀谷は、希少で高品質なスペシャルティコーヒーによる商品企画を始動させることになる。プロジェクトに加えられた、コーヒーが飲めない消極的な部下・花山の正体とは。

そのほか今号のスピリッツには、映画「闇金ウシジマくん Part2」の公開を記念し真鍋昌平、山田孝之および綾野剛による鼎談も掲載。またのりつけ雅春「オケラのつばさ」が休載期間に入ることが告知されているほか、長尾謙一郎「クリームソーダ シティ」と、今邑彩原作による武富健治「ルームメイト」が最終回を迎えた。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事