『アイカツ!』アニメ映画化!女児No.1コンテンツが遂にスクリーンへ、今冬公開

『劇場版アイカツ!』(仮) メインビジュアル

現在テレビ東京系で放送中のTVアニメ『アイカツ! -アイドルカツドウ!-』が、『劇場版アイカツ!』(仮)として2014年12月にアニメーション映画化されることが明らかになった。

『アイカツ!』は、"国民的アイドルオーディションゲーム"をキャッチコピーに、2012年10月よりデジタルキッズカードゲームとして、データカードダス『アイカツ!』がスタートし、同タイミングでTVアニメの放送も開始。ゲーム筐体の設置店舗は全国で約3,000店、カード累計出荷枚数は1億枚を突破しており(2014年3月末見込み)、女児コンテンツとしてはナンバー1の規模を誇っている。アニメが2ndシーズンに突入するとともに、2014シリーズ第1弾もスタートし、公式ファンブックは累計100万部を販売するなど、小学生女子を中心に中高生や大人までファン層は拡大中で、社会現象ともいえる人気を獲得している。また、スペシャルコラボパートナーとして、板野友美や島崎遥香といった本物のアイドルの起用も話題を呼んでいる。

『アイカツ!』の世界では、「芸能人はカードが命!」といわれており、芸能人は「アイカツ!カード」を使用して、衣裳や特殊な音響・映像空間を作り出す総合舞台演出システム「アイカツシステム」を起動させ、芸能活動をしている。主人公・星宮いちごは平凡な中学一年生の女の子で、親友・霧矢あおいと一緒に、トップアイドルである神崎美月のライブを見てアイドルに憧れを抱き、名門アイドル養成校「スターライト学園」へ編入。これまでの日常とは全く違う道、アイドル活動"アイカツ"が描かれている。

映画化の発表と同時に本作の公式サイトもオープン。劇場版の物語やキャスト、スタッフなどについては明かされていないが、今後随時発表されていくという。

(C)2014 SUNRISE/BANDAI, AIKATSU THE MOVIE

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事