『魔法少女まどか☆マギカ』興収20億円の大台突破、上映館追加&プレゼントも

 

2013年10月26日に公開されたアニメーション映画『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』が、12月31日付で興行収入20億円を突破したことが明らかになった。

『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』メインビジュアル

12月20日には興収が19億3,000万円を記録し、2011年公開『映画けいおん!』を抜いて、深夜アニメの劇場版としては史上最高額となった本作だが、その記録は現在もさらに伸び続けており、ついに20億円の大台を突破。さらに1月11日より新たに全国46館の新規上映館が加わり、現在上映継続中の劇場とあわせて全国59館での上映が決定している。

このロングラン上映を記念して、11日より鹿目まどか、暁美ほむら、巴マミ、美樹さやか、佐倉杏子、百江なぎさ、キュゥべえが描かれた本作の「特製ミニクリアファイル」がプレゼントされる。配布は1人1名まで、限定品のためなくなり次第終了。本作の上映劇場は、公式サイトで公開されている。

1月11日より配布される『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』クリアファイル

本作における衝撃的な結末は感情移入するキャラクターによって賛否両論で、ネット上では議論が沸騰し、リピーターも続出。劇場における週替わり来場者プレゼントや地上波での前2作の放送、現在放送中のTVアニメ『物語シリーズ』とタイアップした週替わり劇場マナー短編映像などさまざまな仕掛けも功を奏し、大ヒットを記録。2013年12月3日には、米ロサンゼルスのハリウッドのエジプシャン・シアターにてアニプレックス・オブ・アメリカによるプレミア上映会が行われ、現在は全米でも公開中。

(c)Magica Quartet / Aniplex・Madoca Movie Project Rebellion

関連製品をチェック

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

サンブリッジ、名刺情報をマーケティングに活用できるソリューション
[17:19 9/30] 企業IT
【特別企画】新たな顧客体験を生み出すフリーWi-Fi環境をPARCOの国内全店舗へスピーディ・低コストに展開
[17:18 9/30] 企業IT
セールスフォース、Apple Pay対応やAI搭載の「Salesforce Commerce Cloud」
[17:16 9/30] 企業IT
AIに代替されないと思う職種、1位は?
[17:14 9/30] シゴト
ドットマリオがTカードに!? - 「ニンテンドークラシックミニ」発売記念
[17:13 9/30] マネー