ソニー、カセットテープの音源をメモリーカード録音できるCDラジカセ

 

ソニーは9月4日、メモリーカード対応CDラジカセ「CFD-RS500」およびCDラジカセ「CFD-S50」を発表した。いずれも発売は10月5日で、価格はオープン。推定市場価格はCFD-RS500が20,000円前後、CFD-S50が7,000円前後となっている。

「CFD-RS500」

「CFD-S50」

CFD-RS500はメモリーカードへの録音機能が搭載されたCDラジカセ。CDやカセットテープに収録された音源、受信中のラジオ番組をメモリーカードに録音することができる。対応する記録メディアはSDメモリーカードおよびメモリースティック デュオで、記録形式はMP3(128kbps)。CDからの場合は2倍速での録音が可能だ。なお、再生に対応する形式はCDが音楽用CD、MP3、WMAで、メモリーカードがMP3、WMA、AAC。CD-R/RWに記録した音楽の再生も可能だ。

一方のCFD-S50は、メモリーカード録音機能非搭載のシンプルなCDラジカセ。CDやラジオ番組をカセットテープに録音することは可能。大きめで押しやすい3つのラジオ局プリセットボタンやバックライト付きで見やすい液晶モニターなど、使いやすさが重視されている。CD部では音楽用CDとMP3記録のCD-R/RWを再生することができる。

いずれも搭載されているスピーカーは8cmフルレンジ×2基で、実用最大出力は1.7W×2。接続インタフェースはCFD-RS500がミキシングマイク入力とヘッドホン出力、CFD-S50がミキシングマイク入力と音声入力、ヘッドホン出力を備える。電源は外部電源ないし、CFD-RS500では単3形電池×3本、CFD-S50では単2形電池×6本を使用する。

本体サイズはCFD-RS500が約W366×D238×H146mm、CFD-S50が約W320×D219×H139mm、重量はCFD-RS500が約3kg(乾電池除く)、CFD-S50が約2k(乾電池収納時)g。


関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ドコモと仙台市、ドローンなどICT利用で活力ある街作りで連携
[10:15 8/30] 企業IT
プログラミング言語「Python」を学ぶべき理由
[10:06 8/30] 企業IT
中居正広、記念日を大切にする結婚生活「地獄としか…」
[10:02 8/30] エンタメ
Hot Chips 28 - 冒頭を飾った注目の「ARM Bifrost GPU」の発表
[10:00 8/30] テクノロジー
【特別企画】NTTデータが新入社員研修に「教育版レゴ マインドストーム EV3」を導入した理由
[10:00 8/30] テクノロジー