ソニー、カセットテープの音源をメモリーカード録音できるCDラジカセ

 

ソニーは9月4日、メモリーカード対応CDラジカセ「CFD-RS500」およびCDラジカセ「CFD-S50」を発表した。いずれも発売は10月5日で、価格はオープン。推定市場価格はCFD-RS500が20,000円前後、CFD-S50が7,000円前後となっている。

「CFD-RS500」

「CFD-S50」

CFD-RS500はメモリーカードへの録音機能が搭載されたCDラジカセ。CDやカセットテープに収録された音源、受信中のラジオ番組をメモリーカードに録音することができる。対応する記録メディアはSDメモリーカードおよびメモリースティック デュオで、記録形式はMP3(128kbps)。CDからの場合は2倍速での録音が可能だ。なお、再生に対応する形式はCDが音楽用CD、MP3、WMAで、メモリーカードがMP3、WMA、AAC。CD-R/RWに記録した音楽の再生も可能だ。

一方のCFD-S50は、メモリーカード録音機能非搭載のシンプルなCDラジカセ。CDやラジオ番組をカセットテープに録音することは可能。大きめで押しやすい3つのラジオ局プリセットボタンやバックライト付きで見やすい液晶モニターなど、使いやすさが重視されている。CD部では音楽用CDとMP3記録のCD-R/RWを再生することができる。

いずれも搭載されているスピーカーは8cmフルレンジ×2基で、実用最大出力は1.7W×2。接続インタフェースはCFD-RS500がミキシングマイク入力とヘッドホン出力、CFD-S50がミキシングマイク入力と音声入力、ヘッドホン出力を備える。電源は外部電源ないし、CFD-RS500では単3形電池×3本、CFD-S50では単2形電池×6本を使用する。

本体サイズはCFD-RS500が約W366×D238×H146mm、CFD-S50が約W320×D219×H139mm、重量はCFD-RS500が約3kg(乾電池除く)、CFD-S50が約2k(乾電池収納時)g。


関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Renta!、オートチャージサービスを導入 - ボーナスチケットの限定特典も
[18:03 6/29] エンタメ
【レポート】「無償の愛」に続く名言は「いちごパフェ」 - 声優・巽悠衣子と大橋彩香の「あどりぶグランプリ2016」レポ
[18:00 6/29] ホビー
【レポート】「洲崎西」が「あどりぶ」と合同イベント開催 - 洲崎から西へ毛糸ふんどしのプレゼントも
[18:00 6/29] ホビー
【レポート】約70年代洋楽対決! 本家vsカバー - 今回も40歳以上限定!
[18:00 6/29] エンタメ
【コラム】父親だってつらいよ - 女性活躍社会での男の生きづらさ 第8回 父親になることを、肩肘張らず前向きに捉えてみよう
[18:00 6/29] ライフスタイル