メッセンジャー黒田、水道橋博士の降板劇に「僕だったら泣いて降りる」

 

お笑いコンビ・メッセンジャーの黒田有と弁護士の八代英輝氏が、テレビ大阪の経済情報番組「たかじん NO マネー」(毎週土曜 13:00~)の新レギュラーとして6月22日放送分より出演することになり、このほど行われた初収録後、会見に臨んだ。

『たかじん NO マネー』に新加入した八代英輝弁護士(左)とメッセンジャー・黒田有(左)、レギュラー出演者の眞鍋かをり(中央)

番組の顔であるやしきたかじんが休養中とあり、黒田は「たかじんさんの“代理”」と自らのポジションを説明。「たかじんさんがいつ戻って来てもいいように、そして戻って来られても、自分の席があるようにがんばりたいです。知ったかぶりをするんじゃなくて、わからないことは素直に賢いさんに聞いて、直球を投げていきたい」と意気込みを。八代氏は「たかじんさんに『楽しそうだからまた出たい』と思ってもらえるような番組にできたら」と抱負を語った。

また、会見の直前に行われた同番組の生放送中に、レギュラー出演者のタレント・水道橋博士が、番組の降板を宣言してスタジオを去るハプニングがあり、共演を楽しみにしていたという黒田は「本当にツイてない」と残念そうな表情。だが、経済問題について本音で意見を戦わせる番組だけに「それだけガチンコで番組を作ってる。水道橋博士さんの意思なので、それは仕方ないかなぁと思ったりもするんです。(意思を貫く)かっこよさは見えましたね。僕だったら泣いて降りますけど(笑)」と突然の降板劇の感想を話していた。

黒田と八代を迎える番組スタート時からのレギュラーメンバー・眞鍋かをりは「たかじんさん不在の間、水道橋博士は心の支えになってくれていたんですけど、突発的にその支えを失ってしまった。これからどうしよう? という状況の中、頼りになるお2人がそばにいてくれて本当に心強いです」とコメント。2009年の暴行事件以来、テレビでは復帰後初めてのレギュラー出演となる黒田を「スネに傷持つ人(笑)」と口撃するなど、笑いを誘って会見を盛り上げていた。

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

日本IBM、オールフラッシュ・ストレージ「IBM Storwize」の新製品発表
[15:12 8/25] 企業IT
ドコモショップが保険選びをサポート「ドコモでほけん相談」
[15:12 8/25] スマホとデジタル家電
たぶん そのぶん ふたりぶん 第47回 しからない宣言
[15:00 8/25] ライフスタイル
これぞ"日本版アベンジャーズ"! 宇宙刑事ギャバンとデカレンジャーが巨悪に挑む
[14:54 8/25] ホビー
河口湖を眺めながら「鹿しゃぶ」を楽しむプランが登場 - 星のや富士
[14:48 8/25] ヘルスケア

本音ランキング