富士フイルム、Wi-Fiに対応した15m防水タフネスデジカメ「FinePix XP200」

  [2013/04/10]

富士フイルムは4月10日、コンパクトデジタルカメラ「FinePix XP200」を発表した。発売は4月27日で、価格はオープン。推定市場価格は30,000円前後となっている。

「FinePix XP200」

水深15mでの撮影が可能な防水性能や、2mからの落下に耐える耐衝撃性能、マイナス10度での撮影が可能な耐寒性能、砂やホコリの進入を防ぐ防塵性能という4つのタフネス性能を備えるモデル。従来機「FinePix XP150」で水深10mまで、1.5mだった耐衝撃性能が向上した。

また、富士フイルム製のタフネスデジカメとしては初めてWi-Fi(無線LAN)接続機能も搭載。撮影した画像をPCやスマートフォン、タブレット端末へワイヤレスで送信できる。同社製アプリ「FUJIFILM Camera Application」をスマートフォンにダウンロードしておけば、最大30枚の画像を一括送信できる。

ハードウェア面では、屋外での使用を想定して背面モニターに低反射の高輝度液晶を搭載。夏のビーチなど日差しが強い環境でも、プレビューや撮影画像の確認が快適に行える。

そのほか、フル画素で最速10コマ/秒の連写機能や、「ポップカラー」「「トイカメラ」などアーティスティックな写真を手軽に撮影できるアドバンストフィルター、2回のシャッターで3D画像を合成する「3D2回撮り」機能、カメラを振って撮影することで360度パノラマ写真を撮影できる「ぐるっとパノラマ360」を搭載する。

主な仕様は、撮像素子が有効1,640万画素の1/2.3型CMOSセンサーで、レンズが焦点距離28~140mm(35mmフィルム換算時)の光学5倍ズーム、開放F値がF3.9~F4.9、対応感度がISO100~ISO6400(ISO6400時は画像サイズM以下に限定)となっている。背面のモニターは約92万ドット・3型。

利用可能な記録メディアはSD/SDHC/SDXCメモリーカードのほか内蔵メモリ(約39MB)で、記録形式は静止画がJPEG、動画がMOV(H.264)、動画の記録画素数は最大1,920×1,080ドット(フルHD)。

バッテリーはリチウムイオン充電池で、CIPA準拠の撮影枚数は約300枚。

本体サイズはW116.1×D30.3×H71.4mm(突起部含まず)、重量は本体のみで約212g、バッテリーとSDカードを装着した状態で約232gとなっている。

フォトギャラリー(クリックで拡大とスライドショー)

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

【レビュー】iPhone/iPadを使ってApple Musicを楽しみたくなる「Beats Pill+」を試す
[18:46 2/9] 家電
高校に必須科目『理科基礎』新設を 日本学術会議が提言
[18:43 2/9] テクノロジー
【レポート】『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』名シーンがよみがえる、ライフル構える初号機を高精度で立体化 -「WF2016 冬」海洋堂ブース
[18:30 2/9] ホビー
東京大と九工大、自律型海中ロボットによるCRCの全自動計測に成功
[18:28 2/9] テクノロジー
1コマ漫画~ドクターHIDEKIの新・花粉診療室その1
[18:27 2/9] ヘルスケア

特別企画 PR