東芝、エンタープライズ向けに4TBの3.5型SAS/SATA HDDをサンプル出荷

 

「MG03SCA400」
「MG03ACA400」

東芝は12日、データセンターなどの大容量ストレージに適したニアラインHDDとして、容量が4TBとなる3.5型HDDのサンプル出荷を開始した。SASインタフェースの「MG03SCA400」、SATAインタフェースの「MG03ACA400」を用意。

セキュリティとして、データ消去の「オーバーライト」機能を搭載。システムからの指示に従って、ディスク全周に対して指定データを指定回記録する。これにより、再利用時や廃棄後に、HDDに記録されたデータの流出を防ぐことが可能。

また、パワーマネジメント機能も強化している。待機時の消費電力を削減したほか、条件に応じてシーク時のピーク電力を低減する制御方法を採用した。加えて、EU(欧州連合)のRoHS指令注への適合、本体全体のハロゲンフリー/アンチモンフリーの実現など、人と環境に配慮した設計を行っているとしている。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

藤ヶ谷太輔、バスケ選手の役づくりで「髪をバッサリ切って黒くしました」
[13:13 8/31] エンタメ
シマンテック、常時SSL化に向けホスティング事業者向け新サービス提供
[13:06 8/31] 企業IT
10周年記念「ゼーガペイン アルティール」は積層化QLフルチャージ状態再現
[13:00 8/31] ホビー
エアバス、LATAMにA320neo引き渡し - アメリカ大陸で最初の運航会社に
[12:59 8/31] 趣味
マウス、「オータムセール」にクリエイター向けPC「DAIV」を追加
[12:57 8/31] パソコン