オリジナルアニメ映画『ハル』2013年6月公開決定 - WIT STUDIO初の劇場作品

オリジナルの中編アニメーション作品『ハル』キービジュアル

プロダクション I.Gから独立したアニメーションスタジオ・WIT STUDIO初の劇場作品となる中編アニメーション『ハル』が、2013年6月8日に公開されることが発表された。

同作は近未来の京都を舞台に、けんか別れをしたまま最愛の「ハル」を飛行機事故で失った「くるみ」の笑顔をとりもどすため、ヒト型ロボットのQ01(キューイチ)が、ハルそっくりの「ロボハル」として共に暮らすというストーリー。

監督は、『四畳半神話体系』、『ギルティクラウン』で各話絵コンテ、演出を務めた牧原亮太郎。脚本は『すいか』や『Q10』、『野ブタ。をプロデュース』などテレビドラマ脚本で実績を残している木皿泉。音楽はアニメや映画などの劇伴を数多く作曲している大島ミチルが手がける。キャラクター原案は、別冊マーガレット連載作品の『アオハライド』、『ストロボ・エッジ』などで知られる漫画家・咲坂伊緒が担当する。

また、アニメーション制作を手がけるのは、2012年6月にプロダクション I.Gから独立した「WIT STUDIO」。創業者の和田丈嗣と中武哲也は、プロダクション I.G所属時に『君に届け』や『戦国BASARA』シリーズをプロデュースした人物だという。

同作の世界観を表現するキービジュアルのアートディレクターは、アーティストの清川あさみ。写真に刺繍を施す手法で知られる清川ならではの、コラージュ風の仕上がりとなっている。

なお、本日より公式サイトと公式Twitterアカウント(@halanime)がオープンしている。

◆主なスタッフ
監督:牧 原亮太郎
脚本:木皿泉
キャラクター原案:咲坂伊緒
アニメーションキャラクター:北田勝彦
音楽:大島ミチル
制作:WIT STUDIO

◆あらすじ
「くるみに、生きていることを思い出させるために、ボクは人間になった」
ハルとくるみの幸せな日常。
いつまでも続くと思っていた日々は、飛行機事故で突如終わりを告げた。
けんか別れのまま、最愛のハルを失い、生きる力も失ってしまったくるみ。
彼女の笑顔をとりもどすため、ヒト型ロボットのQ01(キューイチ)は、ハルそっくりのロボハルとしてくるみと暮らすことに。ロボハルの頼りは、かつてくるみが願い事を書いた、ルービックキューブ。色がそろうごとに溢れてくる、くるみの想い。
少しずつ打ち解けるロボハルとくるみだったが…。

(c)ハル製作委員会

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事