東日本大震災から約1年半。防災意識・備えは昨年と比べてやや低く

昨年と比べ防災意識は高まっているか?

アイリスオーヤマは同社WEBマガジンサイト“アイリス暮らし便利ナビ”を通じて、防災に対する意識調査を実施。調査は6月12日~6月27日にかけて、20歳代~70歳代のサイト会員1,533名を対象に行った。

まず、防災に対する意識調査では、震災前と比べて防災意識が「高まっている」「どちらかというと高まっている」と答えた人は、昨年の95%から91%にやや減少していることが分かった。

また、「実際に防災対策を行っている」人も、昨年の64%から61%に減少。昨年は「自分が地震の災害を体験したこと」がきっかけで防災対策をした人が多かった。しかし東日本大震災から約1年半が経過し、防災に対する意識が低くなっているようだ。

防災対策を行っている人もやや減少傾向に

同社によると、今年は「手回し充電ラジオライト」や「非常用アルミシート」などの避難用品や「避難セット」などの販売が好調な売り上げとなっているという。2012年も豪雨や竜巻などの自然災害が目立ち、いつ災害が起きてもおかしくない環境の中、防災備蓄品に対する意識が高まっている様子がうかがえる。

今年は避難セットの販売が好調

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事