8割が海外志向。平均年収1,000万円のビジネスマンの意識調査

 

転職サイトを運営するビズリーチは、平均年収1,000万円強のビジネスパーソン1,701人に、海外で働くことについて、アンケート調査を実施した。その結果、「80%が海外で働いてみたい」と回答した

80%が海外勤務に興味あり

「海外で働いてみたいですか? または、海外勤務の希望はありますか?」という質問に対し、「働いてみたい」(53%)、「少し働いてみたい」(27%)を合わせると、80%が海外勤務に興味があるという結果に。働いてみたい国は、1 位アメリカ、2 位シンガポール、3 位イギリス、4 位香港、5 位カナダとなり、欧米だけでなく、アジアへの関心の高まりが読み取れる。

海外で働いてみたいですか?&働いてみたい国について教えてください

ちなみに、回答者の4 割は1 年以上の海外赴任または留学経験があるものの、残りの6 割は1 年以上の海外経験はなく、海外経験がないビジネスパーソンも海外で働くことに積極的に興味を持っていることがわかる。

海外赴任または留学経験はありますか?

今後、海外で活躍する日本人はますます増加

ビズリーチ代表の南壮一郎氏はこの結果について、「少子高齢化による人口減少から内需成長の見込みは薄く、企業はいやおうなく海外市場に目を向けざるを得なくなっています。また多くの企業は、特にアジアなどの成長著しい国に投資を積極化しています。そのため、成長分野である海外への人的資源の投資は必然となっています。このような状況の中、マネジメントの立場で活躍している回答者は経済のグローバル化を日々肌で実感しているためだと思われます。今年は海外での求人が増えており、今後、海外で働く日本人が増えると予想されます」とコメントしている。

【関連リンク】

【コラム】これだけは知っておけ! 海外でやるとNGなこと

【インタビュー】ビジネス英語って日本だけの言葉? 目からうろこの英語勉強法-ショーンK氏インタビュー

【コラム】中国の駐在員、約半数が「赴任後に酒量が3倍増加」-1位ビール、2位中国酒

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事