鈴木みその震災ルポ作品「僕と日本が震えた日」単行本化

鈴木みそ「僕と日本が震えた日」

鈴木みそによる、東日本大震災にまつわるルポルタージュ「僕と日本が震えた日」が、本日3月2日に徳間書店から発売された。

「僕と日本が震えた日」では「都市被災編」「書籍流通編」「先端科学編」「日本経済編」「食品汚染編」「東北取材編」とテーマを6つに分け、身の回りのことから被災した現地の様子までを取材。震災が浮き彫りにした、現代日本における「日常」とは何かを描いた。またガイガーカウンターの利用方法と、食品線量計測についてをまとめた「正しい放射線の測り方」2編も同時収録している。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事