鈴木みその震災ルポ作品「僕と日本が震えた日」単行本化

ニュース
トップ

鈴木みその震災ルポ作品「僕と日本が震えた日」単行本化

  [2012/03/02]

鈴木みそ「僕と日本が震えた日」

鈴木みそによる、東日本大震災にまつわるルポルタージュ「僕と日本が震えた日」が、本日3月2日に徳間書店から発売された。

「僕と日本が震えた日」では「都市被災編」「書籍流通編」「先端科学編」「日本経済編」「食品汚染編」「東北取材編」とテーマを6つに分け、身の回りのことから被災した現地の様子までを取材。震災が浮き彫りにした、現代日本における「日常」とは何かを描いた。またガイガーカウンターの利用方法と、食品線量計測についてをまとめた「正しい放射線の測り方」2編も同時収録している。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

新着記事

特別企画

一覧

    人気記事

    一覧

    イチオシ記事

    新着記事

    JR西日本、大阪駅南広場の整備に着手 - 大阪駅改良プロジェクト
    [08:30 10/1] エンタープライズ
    ベストメガネコンタクト、4代目イメージガールは22歳の「永井衣来」さんに!
    [08:30 10/1] ライフ
    【コラム】軍事とIT 第62回 個人用装備のIT化(2) 個人レベルの通信網はどうするか
    [08:30 10/1] エンタープライズ
    【レポート】会社員でなく技術者でありたい人へ"働く場"をつなぐ、MCEAの「PE-BANK」
    [08:30 10/1] 開発・SE
    東京都交通局、都電荒川線40周年「都電おもいで号」レトロ車両9001形で運行
    [08:14 10/1] 旅行

    本音ランキング

    特別企画

    一覧