ダイソン、思い通りの操作性を実現するサイクロン掃除機『DC36』発表

 

ダイソンは29日、同社の新たな「Ball テクノロジー」を採用したサイクロン掃除機「DC36」を発表。開発者ジェームズ・ダイソン氏のプレゼンによる発表会を行った。

DC36は、これまでのラジアルルートサイクロンテクノロジーをより進化させ、空気の経路を再設計することで気流の効率を改善。これにより気流のエネルギーロスを低減し、花粉やカビを含む微細な粒子をより確実に分離することが可能になった。

また、モーターやフィルター、電気コードなどの主要部品をボール状の本体に全て格納するBallテクノロジーを採用し、自由自在な動きや狭い場所でも小回りのきく操作性を実現。バランスを追求した構造で低い位置に重心を置き、軽い力で安定した移動が可能となっている。

ヘッド部分は導電性のカーボンファイバーブラシ搭載で、床面との摩擦による静電気の発生を抑制。フローリングに残りやすいより細かなホコリを取り除くことができる。気流で回転するタービンヘッドタイプと、モーターで回転するモーターヘッドタイプがある。発売日は10月17日の予定。

タービンヘッドタイプ 8万4,800円

モーターヘッドタイプ 8万9,800円

モーターヘッドペットケア(ペットグルーミング用ツール付き) 9万4,800円


関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

【レポート】妊活は女性だけの問題にあらず! 男性不妊の原因や検査を知る
[11:00 6/29] ヘルスケア
家族の夏のおでかけに使える無印良品のオススメグッズ5選
[11:00 6/29] ライフスタイル
デル、2U4ソケットサーバの第13世代「Dell PowerEdge R830」を提供開始
[10:58 6/29] 企業IT
【特別企画】ピアノの先生も興味津々! - カシオの電子ピアノ「CELVIANO Grand Hybrid」
[10:52 6/29] 家電
Google、2016年上半期検索ランキングを発表
[10:38 6/29] 企業IT