ダイソン、思い通りの操作性を実現するサイクロン掃除機『DC36』発表

 

ダイソンは29日、同社の新たな「Ball テクノロジー」を採用したサイクロン掃除機「DC36」を発表。開発者ジェームズ・ダイソン氏のプレゼンによる発表会を行った。

DC36は、これまでのラジアルルートサイクロンテクノロジーをより進化させ、空気の経路を再設計することで気流の効率を改善。これにより気流のエネルギーロスを低減し、花粉やカビを含む微細な粒子をより確実に分離することが可能になった。

また、モーターやフィルター、電気コードなどの主要部品をボール状の本体に全て格納するBallテクノロジーを採用し、自由自在な動きや狭い場所でも小回りのきく操作性を実現。バランスを追求した構造で低い位置に重心を置き、軽い力で安定した移動が可能となっている。

ヘッド部分は導電性のカーボンファイバーブラシ搭載で、床面との摩擦による静電気の発生を抑制。フローリングに残りやすいより細かなホコリを取り除くことができる。気流で回転するタービンヘッドタイプと、モーターで回転するモーターヘッドタイプがある。発売日は10月17日の予定。

タービンヘッドタイプ 8万4,800円

モーターヘッドタイプ 8万9,800円

モーターヘッドペットケア(ペットグルーミング用ツール付き) 9万4,800円


関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

テリー伊藤、高畑淳子への影響を心配「バカ息子と一緒…共倒れの可能性が」
[11:06 8/28] エンタメ
松本人志、高畑裕太容疑者の母・淳子に苦言「息子にしっかりと怒りを」
[11:01 8/28] エンタメ
ラブリ「まだまだ恋愛をしたいです」初の写真詩集を出版
[11:00 8/28] エンタメ
Linuxが最初にリリースされた時のアナウンスメールからわかること
[11:00 8/28] 企業IT
自腹で買ったカバン、今までの最高額は何円?
[11:00 8/28] マネー