マイクロソフト、Office for Macの各種アップデートを公開 | マイナビニュース

マイクロソフト、Office for Macの各種アップデートを公開

マイクロソフトは14日付けで、Office for Mac 2011の最新アップデートとなる「Microsoft Office for Mac 2011 14.1.2 更新プログラム」など、Office for Mac関連のアップデートプログラム5本を公開した。Microsoft AutoUpdateや同社のWebサイトなどから入手できる。

公開されたのは以下の5つのアップデート。

Microsoft Office for Mac 2011 14.1.2 更新プログラム」は、Office for Mac 2011の最新アップデート。セキュリティの向上、Outlook 2011/Word 2011における安定性の向上といくつかの問題の解消などを行っている。Webサイトからダウンロードする場合のファイルサイズは107MB。

Microsoft Office 2008 for Mac 12.3.0 更新プログラム」は、Office 2008 for Macの最新アップデート。セキュリティの向上と脆弱性の解消を行っている。Webサイトからダウンロードする場合のファイルサイズは337MB。

Microsoft Entourage 2008 for Mac, Web Services Edition」は、Exchange Serverと連動できるEntourage 2008の最新バージョン。Webサイトからダウンロードする場合のファイルサイズは64MB。

Microsoft Office 2004 for Mac 11.6.4 更新プログラム」は、Office 2004 for Macの最新アップデート。セキュリティの向上と脆弱性の解消を行っている。Webサイトからダウンロードする場合のファイルサイズは13MB。

Open XML File Format Converter for Mac 1.2.0」は、Office 2008/2011やWindows版のOffice 2007/2010で作成されたファイルをOffice v.X/2004で開くためのコンバータの最新版。Webサイトからダウンロードする場合のファイルサイズは45MB。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事