「キャッシュカードを預かります」という電話・訪問に注意! 金融庁呼びかけ

 

金融庁は、金融庁や警察、銀行協会などの職員を名乗って暗証番号を聞き出し、キャッシュカードをだまし取る手口が多発しているとして、注意を呼びかけている。

金融庁によると、具体的な手口として、警察と名乗る人物から、「あなたの個人情報が漏れている。被害がないか確認してください」との電話。さらに、金融庁職員を名乗る人物から「キャッシュカードの暗証番号を変更した方がよい。金融庁の者がカードを取りに伺うので渡してほしい」と電話があった後、自宅を訪問した人物に現在の暗証番号と新しい暗証番号を伝え、キャッシュカードを渡したところ、キャッシュカードで現金を引き出される、といったものがある。

金融庁では、「金融庁や警察、銀行協会などの職員がキャッシュカードの暗証番号を聞くことは一切ない」とし、「上記のような電話や訪問を受けても、絶対にキャッシュカードを渡したり、暗証番号を教えたりしないよう注意して」と呼びかけている。

また、このような電話や訪問を受けた場合には、最寄りの警察や金融庁金融サービス利用者相談室などへ情報提供するよう呼びかけている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

富士通、米ネットワークサービス企業TrueNet Communicationsを買収
[16:42 7/27] 企業IT
男性の育休取得が過去最高 - 2.65%に
[16:39 7/27] キャリア
バッファロー、Macですぐに使えるUSB 3.0対応の超薄型ポータブルHDD
[16:37 7/27] パソコン
[聲の形]新規カット公開 入野自由、早見沙織がアフレコ苦労明かす
[16:23 7/27] ホビー
夏、過ごしやすい都道府県1位は「北海道」 ‐ 過ごしにくいのは?
[16:20 7/27] ヘルスケア