士郎正宗の「アップルシード」が新たにアニメ化! 『アップルシード XIII』

 

映画『マトリックス』のウォシャウスキー兄弟などハリウッドをはじめ、日本だけではなく、世界のクリエイターからも絶大な支持を集める士郎正宗氏の人気コミック「アップルシード」(青心社刊)が、映画『アップルシード』(04)、映画『エクスマキナ -APPLESEED SAGA-』(07)に続き、全13話の新シリーズ『アップルシード XIII (サーティーン)』としてCGアニメ化されることが決定した。2011年春よりの展開予定。

『アップルシード XIII』は2011年春よりの展開予定

物語は、これまでの映画2作の続編ではなく、全13話のまったく新しいシリーズとして制作される。第五次世界大戦後の人工都市オリュンポスを舞台に、特殊部隊ES.W.A.T.に所属する女性隊員デュナン、戦闘サイボーグのブリアレオスの活躍が描かれるが、映画版とは一味違うデュナンとブリアレオスの関係性も見どころとなる。

監督は浜名孝行氏(『図書館戦争』『獣の奏者エリン』監督)が担当。シリーズ構成・脚本に藤咲淳一氏(『BLOOD+』監督、『攻殻機動隊 Stand Alone Complex』脚本)、キャラクターデザインに後藤隆幸氏(『攻殻機動隊 Stand Alone Complex』作画監督、『獣の奏者エリン』キャラクターデザイン)、メカニカルデザインに竹内敦志氏(『REIDEEN』『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』メカニックデザイン)といった豪華スタッフが集結するほか、キャラクターデザイン原案として原作者・士郎正宗氏も制作に参加しており、原作を意識したキャラクター設定となる模様だ。

制作は、日本初のディズニーオリジナルアニメ『ファイアボール』で知られるジーニーズアニメーションスタジオ、制作協力として『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』『ホッタラケの島~遥と魔法の鏡~』で知られるプロダクションI.G が参加。また、各話のアニメーション制作には、国内有望CGプロダクションの新進気鋭のクリエイターが多数参加する。

映画2作が国内にとどまらず海外にも深い感動と衝撃を与え、ワールドワイドな作品に成長したことを受けて、今回の新シリーズも北米・ヨーロッパ・アジア各国など世界的な展開が行われる予定となっている。そのほか詳細については続報に期待したい。

■『アップルシード XIII(サーティーン)』おもなスタッフ
原作 / 士郎正宗「アップルシード」(青心社刊)◆企画 / ミコット・エンド・バサラ◆企画協力 / 青心社◆監督 / 浜名孝行◆シリーズ構成 / 藤咲淳一◆脚本 / 藤咲淳一、櫻井圭記、谷村大四郎、岡本航征、梅原英司◆助監督 / 布施木一喜◆CG監督 / 渡辺昭仁◆キャラクターデザイン原案 / 士郎正宗◆キャラクターデザイン / 後藤隆幸◆メカニカルデザイン / 竹内敦志◆美術背景 / 美峰◆プロップデザイン / ヒラタリョウ◆制作 / ジーニーズアニメーションスタジオ◆制作協力 / プロダクションI.G◆製作 / 「アップルシード XIII」製作委員会

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

米Uber、FintechスタートアップBettermentと提携、ドライバーの年金計画で
[08:05 8/25] 企業IT
Win10スマホ「MADOSMA Q601」はビジネスシーンで使えるか
[08:00 8/25] 企業IT
TVアニメ『ブレイブウィッチーズ』、石田燿子が歌うOP曲のタイトルが決定
[08:00 8/25] ホビー
Apple IDを完全に削除できますか? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[08:00 8/25] スマホとデジタル家電
NVIDIA、自動運転車向けSoC「Parker」を正式に発表
[08:00 8/25] テクノロジー

本音ランキング