東芝、REGZAのRシリーズ32V型をフルハイビジョン化

 

東芝は29日、液晶テレビ「REGZA」の新モデル「32RX1」を発表した。発売は4月中旬を予定しており、価格はオープン。市場価格は14万円前後と予想される。

数少ない32V型のフルハイビジョンモデル「32RX1」

32RX1は、32R9000の後継モデル。従来は1366×768画素のハイビジョン対応だった液晶パネルをフルハイビジョン対応にし、さらに4月1日より実施される新エコポイント制度に対応させたもの。

機能面では、基本的に従来の32R9000から変化はない。搭載されているチューナーは、地上/BS/110°CS×2に地上アナログ×1。外付けUSBハードディスクでの番組録画に対応しており、また、USB Hubを使用すれば、最大で4台までのHDDを同時接続することも可能だ。画質面では、超解像度技術の「レゾリューションプラス2」や、120Hz駆動の「倍速・モーションクリア」、部屋の明るさにあわせて最適な画質に自動調節する「おまかせドンピシャ高画質2」などが採用されている。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

テリー伊藤、高畑淳子への影響を心配「バカ息子と一緒…共倒れの可能性が」
[11:06 8/28] エンタメ
松本人志、高畑裕太容疑者の母・淳子に苦言「息子にしっかりと怒りを」
[11:01 8/28] エンタメ
ラブリ「まだまだ恋愛をしたいです」初の写真詩集を出版
[11:00 8/28] エンタメ
Linuxが最初にリリースされた時のアナウンスメールからわかること
[11:00 8/28] 企業IT
自腹で買ったカバン、今までの最高額は何円?
[11:00 8/28] マネー