東芝、REGZAのRシリーズ32V型をフルハイビジョン化

ニュース
トップ

東芝、REGZAのRシリーズ32V型をフルハイビジョン化

村田修  [2010/03/30]

東芝は29日、液晶テレビ「REGZA」の新モデル「32RX1」を発表した。発売は4月中旬を予定しており、価格はオープン。市場価格は14万円前後と予想される。

数少ない32V型のフルハイビジョンモデル「32RX1」

32RX1は、32R9000の後継モデル。従来は1366×768画素のハイビジョン対応だった液晶パネルをフルハイビジョン対応にし、さらに4月1日より実施される新エコポイント制度に対応させたもの。

機能面では、基本的に従来の32R9000から変化はない。搭載されているチューナーは、地上/BS/110°CS×2に地上アナログ×1。外付けUSBハードディスクでの番組録画に対応しており、また、USB Hubを使用すれば、最大で4台までのHDDを同時接続することも可能だ。画質面では、超解像度技術の「レゾリューションプラス2」や、120Hz駆動の「倍速・モーションクリア」、部屋の明るさにあわせて最適な画質に自動調節する「おまかせドンピシャ高画質2」などが採用されている。

関連キーワード

関連サイト

新着記事

特別企画

一覧

    人気記事

    一覧

    新着記事

    サーロインの量り売りも! 生ビールとグリル料理を楽しむビヤホールオープン
    [10:00 8/28] ライフ
    TI、DLP Pico WVGAディスプレイチップセット搭載の評価モジュールを発表
    [09:59 8/28] テクノロジー
    理研が研究不正防止アクションプラン
    [09:51 8/28] テクノロジー
    検証でSTAP確認できず、なお継続
    [09:51 8/28] テクノロジー
    未来技術遺産にカメラ付き携帯など49件
    [09:50 8/28] テクノロジー

    特別企画

    一覧