ミニ版「東京スカイツリー」が本物に先駆けて登場--東武ワールドスクウェア

 

テーマパーク「東武ワールドスクウェア」(栃木・鬼怒川)はこのほど、「東京スカイツリーと周辺複合開発」ミニチュア版展示を4月24日より開始すると発表した。

同展示物は、2011年12月に完成予定の「東京スカイツリー」(東京・墨田区、高さ684m)を1 / 25の縮尺で再現したもの。基礎および展示物ベースを含めた高さは約26メートルとなり、世界の有名建築物の精巧なミニチュアを集めた同テーマパーク内でも最も高い展示物になるとのこと。

ミニチュア版「東京スカイツリーと周辺複合開発」完成イメージCG。(c)東武ワールドスクウェア

なお公開日の4月24日は、同テーマパークの開園記念日と同展示物の完成を記念して、入園料が無料になるという。営業時間は9:00~17:00(3月19日まで9:30~16:00)。入園料は大人2,500円、小人1,200円(前売 : 大人2,200円、小人1,000円)。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ASUS、独自クーラー搭載のGTX 1080カードにリファレンスクロックモデル
[13:49 7/28] パソコン
博報堂DYメディアパートナーズなど、MAによるバリアブルDMの自動発送を提供
[13:27 7/28] 企業IT
ヤマハ、音楽共有「MusicCast」対応のサウンドバー&無線スピーカーセット
[13:16 7/28] スマホとデジタル家電
[加藤諒]リリー・フランキーとのキスを告白 ダウンタウンDX
[13:05 7/28] エンタメ
[明日のとと姉ちゃん]7月29日 第101回 常子が苦渋の決断 第17週「常子、花山と断絶する」
[13:00 7/28] エンタメ