ミニ版「東京スカイツリー」が本物に先駆けて登場--東武ワールドスクウェア

御木本千春  [2010/03/04]

テーマパーク「東武ワールドスクウェア」(栃木・鬼怒川)はこのほど、「東京スカイツリーと周辺複合開発」ミニチュア版展示を4月24日より開始すると発表した。

同展示物は、2011年12月に完成予定の「東京スカイツリー」(東京・墨田区、高さ684m)を1 / 25の縮尺で再現したもの。基礎および展示物ベースを含めた高さは約26メートルとなり、世界の有名建築物の精巧なミニチュアを集めた同テーマパーク内でも最も高い展示物になるとのこと。

ミニチュア版「東京スカイツリーと周辺複合開発」完成イメージCG。(c)東武ワールドスクウェア

なお公開日の4月24日は、同テーマパークの開園記念日と同展示物の完成を記念して、入園料が無料になるという。営業時間は9:00~17:00(3月19日まで9:30~16:00)。入園料は大人2,500円、小人1,200円(前売 : 大人2,200円、小人1,000円)。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

geanee、SIMロックフリーの10.1型Windows 10デタッチャブル2in1 PC
[18:51 5/31] パソコン
[美濃焼]岐阜の伝統工芸と「銀魂」「NARUTO」がコラボ 豆皿に
[18:49 5/31] ホビー
JR四国、琴平駅の開業当時の外観を復元 - 耐震補強・内外装改修工事を実施
[18:33 5/31] ホビー
OKI、インフラ点検レポートサービスを提供―第一弾はトンネル点検を対象
[18:26 5/31] 企業IT
大昔の白黒写真もAIでより自然にカラー化 早稲田大グループ
[18:24 5/31] テクノロジー