アカデミー賞ノミネートの『おくりびと』本木雅弘と滝田洋二郎が本音トーク

2月7日に放送されるWOWOWの番組『アカデミー賞への道~アカデミー賞の魅力、すべて見せます~』(20:40~)の収録が行われ、『おくりびと』でアカデミー賞当日に現地へ訪れるゲストの本木雅弘、滝田洋二郎監督が収録に臨んだ。

本木雅弘(左)と滝田洋二郎監督

2月9日の『独占生中継! 第51回グラミー賞授賞式』(9:30~14:00)と、23日の『独占生中継! 第81回アカデミー賞授賞式』(9:50~15:00)が間近に迫っていることもあり、WOWOWでは2月7日に、アカデミー賞の見どころやノミネートされた作品、俳優などを紹介する『アカデミー賞への道~アカデミー賞の魅力、すべて見せます~』(無料放送)を放送する。

収録では、MCであるジョン・カビラと八木亜希子の進行のもと、ゲストに外国語映画賞にノミネートされた『おくりびと』主演の本木と滝田監督を迎え、トークを展開した。本木は「1月22日の夜10時45分に連絡が来ました。正直ノミネートまではないだろうという思いだったので、モントリオールの受賞もなぜ? という感じ(笑)。本当に海外メディアに聞いてみたいと落ち着かないですよ」と、いまだにノミネートが信じられない様子。一方の滝田監督は「誰にでも死は訪れますから、この映画で自分に置き換えて死に触れてもらい、主人公(本木)がどうやって生きていくという普遍的な感情を共感して頂いたのかな? と思いますね」と感想を語った。ほか、本木と滝田がアカデミー賞の見どころを語るなど、終始アカデミー賞の話で盛り上がった。

「ガス・ヴァン・サント監督の『ミルク』に凄く興味があります。アートムービー的な感覚もありつつ万人受けするストーリーも裏に隠れていて、しかもショーン・ペンさんが肉体改造して挑んでいるていうところも見物ですね」と本木

同番組の大村英治エグゼクティブプロデューサーは「ノミネートされた作品の中には、日本で公開されていない作品も多いので、ノミネートされた作品がどんな作品なのか、どう評価されているのか、俳優さんではこれまでのノミネートやキャリアを紹介することで、視聴者の方に身近な形でアカデミー賞授賞式を楽しんで頂こうというのが番組の趣旨です。それとこれまでのアカデミー賞でカメラマンがとらえたスターの素顔の写真も紹介ししていきます」とコメントを寄せている。

『アカデミー賞への道~アカデミー賞の魅力、すべて見せます~』はWOWOWで2月7日(20:40~)に放送される。なお、同番組は無料放送。BSデジタルの視聴環境があれば視聴が可能だ。

撮影:中川容邦

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事