実写ハリウッド版『カウボーイビバップ』、やっぱりキアヌがスパイク役!

 

『地球が静止する日』のPRで来日したキアヌ・リーブス
撮影:石井健

日本のアニメ『カウボーイビバップ』がハリウッドで映画化されるらしい、という噂が流れたのは半年ほど前のこと。同時にこの作品のファンであることを公言しているキアヌ・リーブスが主人公のスパイク・スピーゲル役を演じるのでは、という憶測も一部ファンの口の端に上っていた。この噂は果たして真実であったことが17日(米国時間)わかった。米MTVの記者のブログで、キアヌ・リーブスとのインタビューで本人が認めたことが明かされている。

『カウボーイビバップ』は、日本で1998年から1999年にかけて放映された人気テレビアニメシリーズ。2001年9月には劇場作品も公開されている。

同作品の実写化については、2008年7月に20世紀フォックスが映画化の権利を獲得したことを発表。『アイ・アム・レジェンド』の制作にあたったアーウィン・ストフ氏がプロデューサーを務めることが明らかにされたものの、キャスティングなどの詳細は公にされなかった。

MTVの記者によると、キアヌ・リーブスは最近のインタビューで同作品への関与を認めたという。また、脚本家は公式には未発表だが、現在、脚本が執筆段階にあることも明かした。さらに、キアヌ・リーブスはストーリー展開など企画の初期段階から関与もしているとのこと。「この作品にはウエスタン映画のような魅力がある。この企画の成功のカギは美術監督にかかっている」と、美術監督の選定を進めていることもほのめかした。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

古舘伊知郎が『すべらない話』に参戦!「満身創痍になってしまうかも」
[08:37 6/30] エンタメ
TIS、「Nutanix Xtreme Computing Platform」の運用支援サービス提供
[08:30 6/30] 企業IT
【特別企画】LINEスタンプが使える法人向けコミュニケーションツール「Works Mobile」の各機能に迫る - チャット・無料通話編
[08:30 6/30] 企業IT
PowerColor、税別31,000円前後のRadeon RX 480搭載グラフィックスカード
[08:17 6/30] パソコン
伊達みきお、欅坂46は「娘みたい」『KEYABINGO!』MCに決定
[08:00 6/30] エンタメ

本音ランキング