地球をググる「Google Earth」のiPhone版が公開

 

ついに登場したiPhone / iPod touch版「Google Earth」

Googleは26日 (米国時間)、iPhoneに対応した「Google Earth」を公開した。価格は無料、iTunes Storeのアカウントを持つユーザはApp Store経由でダウンロードできる。対応デバイスはiPhoneおよびiPod touch、動作にはiPhone 2.0ソフトウェアアップデートが必要。

iPhone版Google Earthは、デスクトップ版Google Earthと同じ衛星 / 航空写真に対応。地球の全人口カバー率50%以上、全陸地の1/3におよぶ高解像度画像を表示するなど、Google Earthとしての基本的なサービスをiPhone / iPod touchから利用できる。

ユーザインターフェイスは、iPhone / iPod touchの特性を生かした機能を採用。2本の指を利用した拡大 / 縮小 (ピンチ) などタッチパネルを利用した操作や、内蔵の加速度センサーにより本体を傾けて表示角度を調節し陸地の起伏を確認する操作が実現されている。

位置情報の確認にも活用できる。内蔵のGPSセンサーを使い位置情報を取得、現在位置を確認する機能のほか、Googleローカル検索により世界中の都市や場所、店舗やサービスを検索する機能も装備している。地図上に表示されたポイントを目安として、世界中のユーザにより提供されたPanoramioサービスの位置情報付き写真を閲覧したり、ウィキペディアの記事を閲覧することもできる。

マルチタッチUIを生かし、手動でズームイン / アウトできる。指先だけで方角を変えることも

「永田町」などのキーワードをもとに場所を検索することも可能

関連キーワード

関連記事

人気記事

一覧

新着記事

『24時間テレビ』林家たい平のマラソン走行距離が100.5kmに決定「いわおゴー」
[06:00 7/30] エンタメ
柴田理恵、母と似すぎで見分けがつかない『有吉反省会』に登場
[06:00 7/30] エンタメ
[チャリティーマラソン]歌丸師匠にかけて100.5キロに 林家たい平「楽しみと不安」
[06:00 7/30] エンタメ
屋内の熱中症対策に! ダイソーの猛暑対策グッズ5選
[06:00 7/30] ライフスタイル
今くるよに「世間知らず過ぎ」と苦言…ハローキティを"にゃんにゃん"呼ばわり
[06:00 7/30] エンタメ