マイナビニュース | ヘルスケア | インタビュー(1ページ目)

ヘッドライン

2016年05月25日(水)

96歳・現役女医"梅ちゃん先生"が教えてくれた、死を恐れずに生きるヒント

KADOKAWAはこのほど、96歳にして現役医師である梅木信子先生の著書『ひとりは安らぎ感謝のとき』(1,000円・税別)を発売。今回は梅木先生にお会いし、"毎日の暮らしの中に幸福を見つける"心の持ち方を教わってきた。

[09:00 5/25]  エイジングケア

2015年12月03日(木)

「ポケモン」「ロックマン」「逆転裁判」コラボメガネが生まれた理由に迫る

前回、Zoff・マーケティング本部長の高島郷さんに「戦国BASARA」「けいおん」などを中心に、アニメ・ゲームコラボメガネの販売経緯を伺った。今回は実際に販売されてからのお話を伺った。

[12:00 12/3]  体調管理

2015年12月02日(水)

「戦国BASARA」「けいおん!」コラボメガネが生まれた理由に迫る

近年、メガネ業界ではアニメ・ゲーム作品とのコラボレーションメガネが増えている。今回はZoffに「戦国BASARA」「けいおん! 」「3月のライオン」「カプコン」「ポケモン」コラボについてのお話を伺った。

[17:00 12/2]  体調管理

2015年11月18日(水)

神奈川県・湘南の禁煙店限定グルメガイドは、1人の医師の奮闘から誕生した

約3年をかけて神奈川県の藤沢・葉山などの湘南エリアの飲食店を調査し、2005年に発刊された『ごくうま-湘南の禁煙レストラン』。その発刊者で、藤沢市の長谷内科医院の院長である長谷章先生に、発刊の意図や禁煙推進活動についてうかがった。

[12:32 11/18]  体調管理

2015年09月16日(水)

ロイヤルホストの全席禁煙は成功か? - 経緯と結果を聞いた

大手ファミリーレストランチェーンの「ロイヤルホスト」は2013年11月、同業界では初となる全国228店舗(当時)の全席禁煙を実施した。その経緯をロイヤルホストの佐々木徳久取締役に聞いた。

[15:50 9/16]  体調管理

2015年09月02日(水)

「進撃の巨人」や「アイカツ! 」アニメコラボメガネが生まれた理由に迫る

近年、メガネ業界ではアニメ・ゲーム作品とのコラボレーションメガネが増えている。いま、コラボレーションメガネは新しいファッションアイテム・キャラクターグッズとして、目が離せないものとなっているのではないだろうか。

[10:59 9/2]  体調管理

2015年06月29日(月)

喫煙と心臓・血管疾患の関係は? 元心臓血管外科医の開業医に聞いてみた

「タバコの害」と聞くと、真っ先に「肺の病気」を思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、実はタバコが心臓や血管の疾患とも深い関係があることをご存じでしょうか? 正しい知識を持つことが禁煙への第一歩です。そこで、内科・循環器科ぴあーすクリニック院長、ピアス(大貫)洋子先生に、喫煙と心臓疾患の関係や禁煙外来について話を聞きました。

[18:33 6/29]  体調管理

2015年06月22日(月)

夏のドライアイに注意! 目が乾くのは危険信号?

目の潤いが失われることで起きる"ドライアイ"。空気が乾燥する冬の時期に起こりやすい疾患だが、実は夏こそ注意が必要だ。というのも、夏も空調が効いた室内は空気が乾燥しているからだ。しかも、冬のようにわざわざ加湿器を稼動させるということはなく、乾燥に対する意識が低くなりがちだからこそ危険なのだ。そこで今回は、夏のドライアイについて、交通会館有楽町眼科医院長の松田智子先生に注意事項や対策方法などを伺った。

[07:00 6/22]  体調管理

2015年05月25日(月)

喫煙・タバコへの世界的な取り組み - WHOが実施する「世界禁煙デー」

今年も恒例の「世界禁煙デー」(5月31日)が近づいてきた。WHO(世界保健機関)では、この日に向けて禁煙に関するキャンペーンを実施するという。

[11:40 5/25]  体調管理

2015年05月22日(金)

正しいキッズメガネの選びかた - 大人と異なる違いとは?

初めてキッズメガネに向き合う際、どういう風に対応すればいいのか? 武蔵浦和眼科クリニックの江口万祐子院長に伺ってみました。

[10:12 5/22]  体調管理

2015年05月11日(月)

音楽の"共通言語"「楽譜」ってデジタル上でどうやって作っているの?

プロやアマチュアの音楽家はもちろん、義務教育課程で誰もが音楽の授業で目にしたことのある“楽譜”。五線譜と呼ばれる、5本並んだ平行線に音符や記号が並べられ、楽器を演奏したり、歌をうたう際の音程や音階などをすべて示した、いわば音楽の“共通言語”と言ってもいい書面だ。今回はこの楽譜制作がどのように行われているのが、話を聞いた。

[12:00 5/11]  体調管理

2015年04月27日(月)

産業医から見た企業内禁煙の効果的な進め方。決め手は経営陣の意志!

野村総合研究所で産業医を務める村田千里医学博士が語る、同社の"健康経営"と禁煙活動の経緯とは?

[08:10 4/27]  体調管理

2015年04月13日(月)

星野リゾートグループの試み- 非喫煙環境を実現することで会社はどう変わるか

すべての職場から喫煙するための条件を徹底して排除し、ごく短期間に「喫煙者ゼロ」を達成。なぜ同グループがここまで"喫煙"を排するのか、その真相に迫るべく、グループ人事ユニットの矢島さんに話をうかがった。

[13:36 4/13]  体調管理

2015年02月05日(木)

「クレベリン」はどう使うのがいいの? - 大幸薬品の担当者に聞いてみた

二酸化塩素の効果でウイルス除去や除菌、消臭作用があると謳う「クレベリン」。今回は同商品を販売している大幸薬品のお客様相談室に、クレベリンの有効な使い方を聞いてみた。

[18:06 2/5]  体調管理

2014年11月06日(木)

コスメ系大手クチコミサイトで1位を獲得した「ボタニカルプラススキンケア」とは

化粧品の多くは、安価で大量生産がしやすい石油由来の成分で製造されている。これに対し、ハーブなどの植物から抽出した天然由来の成分で製造されるのが「ボタニカルスキンケア」と呼ばれる化粧品。フィシコが発売する「Re'au」(レアウ)は、このボタニカルの効能に加え科学の力を融合した「ボタニカルプラススキンケア」というコンセプトを掲げ、発売開始から1カ月半で、コスメ系の大手クチコミサイトのランキングで1位を獲得したという。発売元である同社の田中雅子社長に、開発の背景と人気の理由を聞いた。

[16:37 11/6]  体調管理

2014年10月28日(火)

眼科のリハビリ「ロービジョンケア」を知っていますか?~広げよう!ロービジョンケアの輪~

眼科医などロービジョンケアに携わる人々が一堂に会する「日本ロービジョン学会学術総会」が11月1日・2日の二日間、埼玉県さいたま市で開催されます。眼科のリハビリテーションとも言われるロービジョンケアついて今回の学術総会会長である江口万祐子先生にお聞きしました。

[07:30 10/28]  体調管理

2014年10月20日(月)

妊婦が"ノンアルコール飲料"を飲んでも胎児に影響はない? 院長に聞いてみた

妊婦がノンアルコール飲料を飲んでも胎児に影響はないのか。千駄ヶ谷インターナショナルクリニックの院長を務める篠塚規先生に直撃してみた。

[11:00 10/20]  

2014年09月19日(金)

妊娠するためだけでなく"安心してママになる"ための味方 -ルナルナ ファミリー

妊活~育児をトータルで サポートするサービス『ルナルナ マタニティ』が、今夏、『ルナルナ ファミリー』に生まれ変わった。今回、14年という歴史あるモバイルサービスを運営し続けてきた『ルナルナ』の責任者から、妊娠・出産、育児を取り巻く環境の移り変わりや、昨今の事情などについて伺った。

[11:30 9/19]  女性の悩み

2014年09月16日(火)

あなたの目も乾いている!?~ドライアイの「誤解」と「正解」

パソコンやスマホ…何かと「見つめる」生活をしている私たちにとっては耳慣れた「ドライアイ」だが、それだけに思い込みや誤解があるかも…。池之端眼科クリニック院長 藤田美穂先生に話を聞いた。

[12:08 9/16]  体調管理

2014年07月28日(月)

100%天然成分の化粧品をワンコインで提供できるワケ

石油由来の成分を使わないと商品化は難しいといわれてきた製品を天然成分だけで商品化し、低価格で提供してきたアスカコーポレーション。今回、新たに発表された新ブランド「TNオーガニック」では、2カ月分の用量で各商品1本、490円という低価格を実現した。どのようにして、そのような低価格を実現したのか。開発の裏側を探った。

[11:29 7/28]  体調管理

2014年07月03日(木)

「環境ビジョン2050」を掲げるサントリーグループの想いとは

2050年に向けた「環境ビジョン2050」を策定するとともに「2020年目標」を設定したサントリーグループ。そこにはどのような想いがあり、具体的にはどのような活動を行っているのか。同社のコーポレートコミュニケーション本部 企画部長/エコ戦略部長の内貴研二氏に話を聞いた。

[12:00 7/3]  体調管理

2014年06月20日(金)

「コンタクトレンズ障害」から目を守れ!あなたの使い方を今すぐチェック!

最近、カラーコンタクトレンズによる目の障害が報道されることが増えている…そう感じている方も多いのではないだろうか。そこで今回、新宿西口駅前眼科院長・赤座英里子先生にお聞きしたところ、どうやら品質以前に、使い方の問題が大きいそう。カラーコンタクトでなくても使い方が間違っていれば目のトラブルは十分起こりうる。

[12:00 6/20]  体調管理

バックナンバー

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事