マイナビニュース

チャンネル

急上昇ワード:
お知らせ

 

11月23日 20:45更新

現在地

専門医による女性ホルモンコラム特集

アンチエイジングと精神神経学の専門家である浜中聡子医師が監修した女性ホルモンに関するコラムを紹介する。

浜中聡子
医学博士。北里大学医学部卒業。AACクリニック銀座院長。米国抗加齢医学会専門医、国際アンチエイジング医学会専門医などの資格を多数取得。
女性ならば、誰しもが「いつまでもきれいに若々しくいたい」と思っていることだろう。そのために欠かせないのが女性ホルモン。ところが、女性ホルモンの分泌量は20代後半をピークとし、次第に減少していく。
[10:30 4/26]
生涯でスプーン1杯分しか分泌されないとも言われている女性ホルモン。ただ、そのわずかな量が女性の心身に多大な影響を及ぼす。特に生理前のイライラをはじめとする情緒面で、その事実を実感している女性が多い。
[5:00 6/24]
「いつまでも若々しくいたい」という願いは、男女問わずにもっているものだろう。漫画などでよくある「不老不死」は無理だとしても、適切なライフスタイルを保てれば加齢の進行を多少なりとも遅らせることは可能だ。
[10:30 3/9]
広義では「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」を意味する生活習慣病は、すっかり世間に浸透して市民権を得た。
[10:00 3/10]
アラフィフの女性が避けて通れない更年期障害や、20代・30代の生理不順などに密接に関わっている女性ホルモン。生涯で分泌される量はスプーン1杯分とも言われているが、このわずかな量が女性の気分の浮き沈みを左右するといっても過言ではない。
[11:00 4/28]
女性の体と心に大きな影響を与える女性ホルモン。言葉は聞いたことがあり、なんとなくその意味を知っている女性も少なくないだろうが、きちんとその役割を理解しきれているだろうか。
[10:00 6/23]
成長ホルモンは美容やダイエットなどにおいて、非常にプラスになる存在だ。だが、その分泌量は早ければ20歳を待たずに減っていく。そのため、成長ホルモンにとってよいライフスタイルを持つことが重要となる。
[9:00 11/27]
子どもの体の成長に欠かすことができない「成長ホルモン」。成長期を終えた大人にとっては、もはやその存在はあまり意味がないと考えてはいないだろうか。実は成人してからでも、成長ホルモンは私たちの体において重要な役割を果たしているのだ。
[10:00 11/26]
秋から冬にかけて寒くなってくるこれからの季節。寒さのせいで部屋に巣ごもりしてゴロゴロしていると、あっという間に体重が増えてしまう。
[9:00 11/4]
ほんのわずかな女性ホルモンでも、心身に与える影響はとても大きい。裏を返せば、このホルモンとうまく付き合うすべを知っておけば、日常をより快適に過ごせる可能性があるということだ。
[9:00 11/2]
いつの時代も、世の女性はスリムな体形にあこがれを抱くものだ。とはいえ、現実の世界にはおいしいものが満ちあふれており、ついつい食べ過ぎてしまい理想とはかけ離れてしまうことも。そんなときは、ホルモンをうまく活用して「やせ体質」を作ることを推奨したい。
[9:00 10/6]
「最近、なんとなく気分の波が激しい」「生理前でもないのにやたらとイライラする」……。このような状況を経験したことがある女性はいないだろうか。何の前触れもなくやってくる情緒不安定の原因は、もしかしたら女性ホルモンかもしれないのだ。
[9:00 8/12]
日常の食事や行動などに何の変化もないのに、ふと「あれ、私最近太った? 」と感じた経験はないだろうか。実はそのような体形の変化には、女性ホルモンが関与している可能性がある。
[10:00 8/10]
美しい肌は女性の象徴の一つ。それだけに肌のお手入れは女性にとって必須要素と言えるが、きちんとケアをしていても「最近肌がかさついてきたな……」と感じたことはないだろうか。実はその症状には、女性ホルモンが関係している可能性があるのだ。
[9:30 7/7]
薄毛といえば、いつの時代でも男性にとっては悩ましい問題だろう。ただ、近年では男性だけではなく女性も頭髪問題で悩みを抱える人が多くなっている。そこで、AACクリニック銀座の院長・浜中聡子先生に女性の薄毛に関して伺った。
[9:00 7/6]
女性を心身のさまざまな不調から守ってくれる女性ホルモン。ただ、そんな白馬に乗った騎士のような存在とも言える女性ホルモンも、残念ながら有限なのだ。女性ホルモン低下の原因をAACクリニック銀座の院長・浜中聡子先生に伺った。
[9:00 6/18]
あなたは「女性ホルモン」と聞いて、どのようなイメージを思い浮かべるだろうか。女性の体のさまざまな機能をつかさどる女性ホルモンだが、果たしてその働きをきちんと理解できているだろうか。
[8:30 6/10]
男女問わず、コンプレックスの対象となるものに「毛」がある。薄毛治療の効果は個人差があり、根気強くやっていかないといけない側面もあるため、まずは薄毛にならないために努めることが大切となる。
[10:45 9/26]
9月に入ってうだるような暑さも和らぎ、本格的に秋の季節到来となった。秋と聞いて連想しやすいものには「食事」「スポーツ」「芸術」などがあるが、実は「抜け毛」も秋と密接に結びついていることをご存じだろうか。
[10:45 9/27]