マイナビニュース

チャンネル

急上昇ワード:
お知らせ

 

08月23日 16:30更新

現在地

厳選! 医師監修の医療コラム特集

内科や脳外科、歯科、眼科などの各専門医が監修したコラム記事を重点的に紹介する特集となる。
健康番組などで「腸内フローラ」という言葉をよく耳にする。今回は内科の大川原華織医師に、腸内フローラの働きや整え方などについてお聞きした。
[12:00 10/19]
今回は内科の大川原華織医師に、風邪の予防法や風邪を悪化させないコツ、風邪薬・漢方の取り入れ方などについてお聞きした。これから寒さが本格化すると、季節性・流行性の病気も増えてくるので、しっかりと予防しよう。
[12:15 10/18]
日本人女性の約12人に1人が生涯において患うといわれている「乳がん」。小林麻央さんをはじめ、著名人がブログなどで自身の経験を伝えてくれることで、乳がんの早期発見の大切さを実感している女性も多いはずだ。
[5:00 10/11]
歯磨きをしないとむし歯や歯周病になる。そういう共通認識があっても、人それぞれ生活スタイルが異なるため、オーラルケアは自己流になりがちだ。今回は、歯科の能美陽子医師に、歯にまつわる素朴な疑問について真相を教えていただいた。
[1:30 10/3]
自分の発するニオイに自分で気づき、客観的に評価するためにはどうすればいいのだろうか。今回は、皮膚科・美容皮膚科の中村仁美医師に、体臭に関するさまざまな疑問についてお聞きした。
[5:00 9/27]
今回は、皮膚科・美容皮膚科の中村仁美医師に、メイクを落とさないで寝ることによる肌ダメージとその対処法、正しいメイク落としの方法についてお聞きした。
[12:00 9/27]
若者を中心に、食事代わりにお菓子を食べている人も多いのではないだろうか。今回は、内科・糖尿病内分泌内科の山本祐歌医師に、食事代わりにお菓子を食べることの体へのリスクや、正しいダイエット法についてお聞きした。
[5:00 10/4]
知性と美貌を兼ね備えた女医の方々による座談会の模様をお届けする本企画。後編では「世間で話題のダイエット&美容・健康法」についてお聞きした。
[12:45 7/21]
医師として多忙を極める中、被災地支援をはじめとしたボランティア活動に従事する女性医師たちの団体が存在する。150人以上の女性医師(医科・歯科)が所属する「En女医会」だ。本企画では、En女医会に所属する4名の医師の方々による座談会の様子をお届けする。
[5:00 7/20]
今回は、子宮頸がんがどういう病気で、なぜ予防が大切なのか、そして女性の人生にどんな影響を与えるのかについて、女性ライフクリニック銀座の対馬ルリ子院長に伺った。
[4:00 1/7]
後編では、子宮頸がんの予防法や検診の重要性について、女性ライフクリニック銀座の対馬ルリ子院長に語ってもらった。
[4:00 1/8]
今回は、瀬田クリニックグループ 統括院長の後藤重則医師に、婦人科系のがんの検診と、乳がんのセルフチェックの方法・注意点についてお聞きした。
[9:00 12/23]
日本のがん治療では、手術や放射線治療、化学療法といった標準治療が一般的だが、自分の細胞でがんを治療する方法もあることをご存じだろうか。今回は、がんの最先端治療といわれる免疫細胞治療について、瀬田クリニックグループ 統括院長の後藤重則医師にお聞きした。
[9:00 12/24]
がんを完治するために大事なことは、何より早期発見。そして、手術などでの一次治療を行った後、がんの再発を防ぐことである。そこで今回は、がんの再発予防治療について、瀬田クリニックグループ 統括院長の後藤重則医師に伺った。
[4:00 12/25]
未だに年間で万単位の人を死に至らしめ、命を取り留めたとしても体の麻痺といった後遺症を残すこともある脳出血。本稿では脳出血の予防法と万一倒れてしまった場合の治療法を紹介する。
[10:30 9/6]
厚生労働省発表の「人口動態統計の概況」によると、2014年は男女合わせて3万2,550人が脳出血(脳内出血)が原因で亡くなっていた。一昔前に比べれば脳出血の患者は減ってきているが、それでもこれだけ多くの人がいまだに命を落としている。
[9:30 9/2]
自律神経の乱れや、急な起き上がりに伴う急激な頭の移動などで失神などの症状を起こす脳貧血。昏倒した場所によっては命に危険が及ぶ可能性もあるため、日ごろからの予防策が肝要となる。
[11:00 6/29]
寝起きなどに起きる立ちくらみ。年に1、2回程度の立ちくらみならあまり心配はいらないが、頻繁に起きる場合は要注意。立ちくらみの背後に脳貧血が隠れている可能性があるからだ。
[11:30 6/28]
厚生労働省の「人口動態統計年報」(平成21年)における日本人の「死因順位」では、「脳血管疾患」が第3位に入っている。その脳血管疾患で多くの人が耳にしたことがあるものに脳梗塞が挙げられるだろう。
[10:30 5/10]
脳の血管が詰まることで脳組織の一部が壊死(死んでしまうこと)する脳梗塞。「脳梗塞は時間との闘い」とも言われ、発症後は1分1秒でも早く病院へと搬送し、発症後の時間を鑑みて「血栓溶解療法」などの最適な治療を施すことになる。
[10:30 5/6]
「物忘れ」「尿失禁」といった認知症に似た症状が出る正常圧水頭症。中でも「特発性正常圧水頭症」と呼ばれるタイプは高齢者に患者が多いため、医学的知識を持たない人が2つの疾病を見分けるのは困難だ。
[10:00 3/18]
水頭症という疾病をご存じだろうか。あまり聞き慣れない病名かもしれないが、認知症と症状が似ているという特徴がある。そして、比較的高齢者に患者が多いとはいえ、中高年で発症する可能性もある。
[9:30 3/17]
ユニバーサル ミュージック ジャパンはこのほど、所属する歌手・徳永英明さんが「もやもや病」(ウィリス動脈輪閉塞症)と診断され、手術を受けたことを明らかにした。病名を聞いただけでは、いまいち具体的な症状が浮かんでこないもやもや病だが、その実態はどのようなものだろうか。
[10:30 3/7]
脳の血管がつまったり破れたりすることで起きる疾病・脳卒中は、寒さで血圧が急上昇しやすい冬に症例が多くなりやすい。そのため、日ごろから血圧の変化に対して敏感になっておくことが発症を防ぐために必要と言える。
[3:00 1/25]
「日本人の3大死因」にも数えられている脳血管疾患。その代表例として広く知られているのが脳卒中だ。実はこの脳卒中、冬場の寒いシーズンに症例が増えやすい傾向にあるという。
[9:30 1/22]
多くの人が、これまでに幾度となく頭痛を経験してきたことだろう。私たちがなる頭痛の大多数は、放置しておいても命に別状はない。だが、中にはごくまれに死に直結する頭痛もある。
[9:30 11/17]
あなたや周りの人は頭痛で悩んでいないだろうか。頭痛の代表例には片頭痛があるが、それ以外にも厄介な頭痛は多い。今回は片頭痛以外にQOLを損なう頭痛の種類とその特徴について紹介しよう。
[9:00 11/16]
厄介な頭痛の代表格として知られる片頭痛。ズキズキした痛みがいつ襲ってくるかと不安な人もいるかもしれないが、実は意外なものが片頭痛を招いているケースもあることをご存じだろうか。
[9:00 10/22]
定期的に頭がズキズキ痛む片頭痛。「また来たか」と毎回悩まされている人も少なくないだろうが、実は痛みを治めるための頭痛薬が片頭痛を招いているケースもあるのだ。
[9:00 10/21]
脳卒中の7割ほどを占め、日本人の主要死因の一つにも挙げられている脳梗塞。かつての国民生活基礎調査では、「寝たきりになる原因」の約3割が脳梗塞などの脳血管系疾患であったほど、恐ろしい疾病だ。
[10:00 9/22]
がんや心疾患と並び、「日本人の3大死因」と称される脳血管疾患。その中でも、発症が最も多いのが脳梗塞だ。働き盛りの中高年にも突然襲ってくるこの脳梗塞とは、一体どのような病気なのだろうか。
[9:00 9/18]
各地で梅雨入りが確認されており、いよいよ夏到来の足音が近づいてきた。その一方で、そろそろ8月のお盆休みの予定を立て始める人もいるのではないだろうか。例年、この時期に海外旅行へと出掛ける人も少なくない。
[10:00 6/9]
4年に1度の祭典である夏季五輪開幕まで、いよいよあと2カ月を切った。今大会は、日本からはるか離れたブラジル・リオデジャネイロの地で行われる。アスリートたちが己の限界に挑む熱い戦いを、現地に直接乗り込んで観戦しようと計画している人も少なくないだろう。
[10:00 6/17]
毎年秋ごろになると患者が増えだしてくる「RSウイルス感染症」という病気をご存じだろうか。主な患者は乳児が多いため、若年層にはあまりなじみがない疾患かもしれないが、実は最悪の場合は死に至ることもある恐ろしい感染症なのだ。
[9:45 10/24]
秋から冬にかけて感染者が急増するRSウイルス感染症。「秋のインフルエンザ」と表現してもおかしくないほどの感染力の強さで、乳児を死に至らしめる肺炎を併発することもある。
[10:30 10/25]
[17:15 10/31]