【コラム】

暮らしのサウンドビジュアル

107 標準付属品のイヤホンから買い替える高"コスパ"イヤホン(6)

107/116

この記事では、スマートフォンや音楽プレーヤーに付属するイヤホンからの買い替え対象になりやすい価格帯の製品について、使い勝手や音質などをチェックしている。今回は、オーディオテクニカの「ATH-CKX7」を取り上げてみたい。ATH-CKX7は、2013年8月に発売された「ソニックフューエル」シリーズのインナーイヤーヘッドホンだ。

「ATH-CKX7」

ATH-CKX7は2014年7月末時点で5,000円台~6,000円台程度で販売されているようなので、プレーヤーやスマートフォンの標準品からの買い替えモデルとしても、妥当なところではないだろうか。

「CKX」シリーズの特徴は?

「ソニックフューエル」シリーズは、ストリート向けのヘッドホンということで、比較的低域の量感があるサウンドが特徴。同シリーズのインナーイヤータイプには、「CHX」と「CKX」の2種類があるのだが、CHXはオープンエアー型と密閉型のハイブリッドモデルで、低域だけでなく音の抜けや開放感を求める人向けの製品だ。一方、より高いフィット感を追求したのがCKXとなっている。

CKXの特徴となっているのが「ボールジョイント構造」と「Cチップ」だ。ポールジョイント構造は、ハウジングにジョイントが設けられており、角度が変わるというもの。耳の穴の形には個人差があるが、これによって、その差を吸収して装着性を高めるという工夫だ。

「ボールジョイント構造」

Cチップは、外側につけられたシリコン製のパーツだ。このCチップが耳の形に沿ってフィットすることで、安定した装着感を生み出す。スポーツタイプのインナーイヤーヘッドホンにもこれに近い構造を持つものがあるが、残念ながら、CKXは防水構造とはなっておらず、スポーツ向きとはいえない。なお、CチップはS/M/Lの3サイズ付属しており、耳のサイズによって取り換えることができる。

「Cチップ」は3サイズ用意されている

CKXは、「ATH-CKX5」「ATH-CKX7」「ATH-CKX9」の3モデルと、スマートフォン向けの機能をプラスしたそれらのバリエーションモデルがラインナップされている。ATH-CKX5とATH-CKX7はφ8mmドライバーを搭載。ただし、ATH-CKX7のドライバーは2層構造のダイヤフラム(振動板)を採用しており、低域だけでなく中高域の伸びもあるとのことだ。なお、ATH-CKX9はφ13.5mmの大口径ドライバーを搭載している。

「ATH-CKX7」の日常的な使い勝手は?

ATH-CKX7は、装着性の高い密閉型ということもあり、電車やバスなどの公共交通機関内での使用にも向いているようだ。イヤピースは、シリコンイヤピースがXS/S/M/Lの4サイズに、Complyのイヤピース「T400」が付属している。より高い遮音性を求めるのならば、Complyのイヤピースを使用すればよいだろう。

4サイズのイヤピースに加えComplyイヤピースが付属

ケーブルはY字型で長さは1.2m。フラットケーブルを採用しており、適当に丸めてかばんの中に入れておいても、それほど絡まることはなかった。ケーブルのブッシュ部分はハウジング側もプラグ側も大型の角ばったタイプが採用されている。これはデザイン性だけでなく、強度確保も目的としたものだろう。かなりがっしりとした作りになっている。

フラットケーブルを採用。分岐前、分岐後とも太さは3mm程度

ただし、ボールジョイント構造やCチップ、大型のブッシュの採用により、ATH-CKX7のサイズはかなり大きい。同じオーディオテクニカの「ATH-IM50」と比べてもあまり変わらないぐらいのサイズだ。ATH-IM50はデュアルシンフォニックドライバー、つまり2個のドライバーがタンデム構造で配置されているインナーイヤーヘッドホンなので、ATH-CKX7はシングルドライバーとしてはかなり大きめのサイズということになるだろう。前回取り上げたソニーの「XBA-C10」と比べると、かなりの差がある。

左が「ATH-IM50」との比較で、右が「XBA-C10」との比較

もっとも、CKXは小型化で装着性を高めるというよりも、しっかりとホールドすることで装着性を高めるという方向の製品だ。しっかりとホールドすることで生まれる高い密閉性が、ATH-CKX7の豊かな低域を生み出すひとつの要因になっているのは確かだと思う。なお、ATH-CKX7のサウンドの傾向については、まとめて別の回でお伝えしたい。

さて、次回だが、このATH-CKX7のサウンドの傾向について取り上げるのが自然な流れだと思う。しかし、少々気になるBluetoothスピーカーがリリースされたので、それについてお伝えしたい。ATH-CKX7のサウンドの傾向に関しては、次々回でお伝えしたい。

107/116

インデックス

連載目次
第116回 クラッチバッグのようなデザインのBluetoothスピーカー「Beoplay A2」
第115回 デスクトップのリスニング環境に適した「SoundBlaster X7」
第114回 ComplyイヤーチップのPシリーズは使い方を選ぶがスグレモノ
第113回 Complyイヤーチップのプレミアムモデルとスタンダードモデルとの差を探る
第112回 最新ノイズキャンセリングヘッドホンの性能を検証(3)
第111回 最新ノイズキャンセリングヘッドホンの性能を検証(2)
第110回 最新ノイズキャンセリングヘッドホンの性能を検証(1)
第109回 標準付属品のイヤホンから買い替える高"コスパ"イヤホン(7)
第108回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(8)
第107回 標準付属品のイヤホンから買い替える高"コスパ"イヤホン(6)
第106回 標準付属品のイヤホンから買い替える高"コスパ"イヤホン(5)
第105回 標準付属品のイヤホンから買い換える高"コスパ"イヤホン(4)
第104回 標準付属品のイヤホンから買い換える高"コスパ"イヤホン(3)
第103回 標準付属品のイヤホンから買い換える高"コスパ"イヤホン(2)
第102回 標準付属品のイヤホンから買い換える高"コスパ"イヤホン(1)
第101回 多機能アクティブスピーカー「SoundBlaster Axx」を使ってみた
第100回 手軽なところからスタートするハイレゾ音源再生環境(4)
第99回 手軽なところからスタートするハイレゾ音源再生環境(3)
第98回 手軽なところからスタートするハイレゾ音源再生環境(2)
第97回 手軽なところからスタートするハイレゾ音源再生環境(1)
第96回 Bluetoothスピーカーの置き方(4)
第95回 Bluetoothスピーカーの置き方(3)
第94回 ちょっと便利なBluetoothスピーカー「Creative Airwave HD」
第93回 Bluetoothスピーカーの置き方(2)
第92回 Bluetoothスピーカーの置き方(1)
第91回 いまさらながらのインターネットラジオ(3)
第90回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(7)
第89回 いまさらながらのインターネットラジオ(2)
第88回 いまさらながらのインターネットラジオ(1)
第87回 ミニマムなデジタル録画環境として「nasne」はあり? なし?
第86回 インドア用のヘッドホンを買い換えた
第85回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(6)
第84回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(5)
第83回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(4)
第82回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(3)
第81回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(2)
第80回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(1)
第79回 キャビネット容積が限られたスピーカーでも高音質を実現するCONEQ技術
第78回 ボーズの1.1chホームシアターシステム「Lifestyle 135」の音を聴いてみた
第77回 チューナー内蔵レコーダーの登場で便利になった「スカパー!HD」
第76回 ヤマハらしいサウンドのヘッドホン「HPH-200」
第75回 実用的なAndroidタブレットプレーヤ「ZiiO」
第74回 ソニー、RM-PLZ530D - 学習機能付きリモコンのマクロ機能を使いこなす
第73回 ウォークマンがiPodを再び抜いた件に関して
第72回 2011年のレシーバー
第71回 3D放送の一般化にはまだ時間がかかるらしい
第70回 年末以降のテレビ需要
第69回 何インチからが大画面か
第68回 圧縮音楽ファイルのエンコード方法とビットレートによる音質の違いを調べる
第67回 ZEN X-Fi Styleを使ってみた
第66回 JBLの最新モデルを聞き比べ(後編)
第65回 JBLの最新モデルを聞き比べる(前編)
第64回 クリエイティブのBluetoothスピーカー「ZiiSound D5」を試してみた
第63回 一から始めるAV機器ネットワーク(3) - もっとメジャーになってほしいDLNA
第62回 ちょっと大きめのパーソナルTVが欲しい - シャープのLED AQUOS「LC-32SC1」を試用する
第61回 一から始めるAV機器ネットワーク(2) - もっとメジャーになってほしいDLNA
第60回 一から始めるAV機器ネットワーク(1) - もっとメジャーになってほしいDLNA
第59回 セカンドテレビを最新仕様にアップグレードするネットワークメディアプレーヤー(2)
第58回 セカンドTVを最新仕様にアップグレードするネットワークメディアプレーヤー
第57回 デジタルノイズキャンセングヘッドホン「MDR-NC300D」
第56回 ウォークマン最高モデル Xシリーズを試す - ノイズキャンセリング効果とサウンド
第55回 ウォークマン最高モデル Xシリーズを試す - 操作性と付属機能
第54回 遅ればせながらBDレコーダーを導入(1)
第53回 高音質タイプの骨伝道ヘッドホンを試してみる - ティアック Filltune「HP-F200」
第52回 HDMI 1.3時代のAVアンプ機能比較(1) - エントリークラス編
第51回 エバーグリーンの低価格メディアリペアキットを試す
第50回 W-ZERO3[es]とクリエイティブ「Xmod」で「どこでも高音質」を実現したい(2)
第49回 マクセルの高音質システムヘッドフォン「Vraison」を試す
第48回 流行の丈夫なDVD-Rはどこまで頑丈か
第47回 小型デジタルハイビジョン液晶テレビ、東芝REGZA 20C2000を使う(2)
第46回 小型デジタルハイビジョン液晶テレビ、東芝REGZA 20C2000を使う(1)
第45回 ドルビーバーチャルスピーカー採用2.1chサラウンドシステムをセッティング
第44回 W-ZERO3 [es]とクリエイティブ「Xmod」で「どこでも高音質」を実現したい(1)
第43回 ICレコーダーを購入
第42回 骨伝導ヘッドフォンを買ってみた
第41回 USBからの電源でも動作する高音質アダプター
第40回 低価格化が進むフルHD37V型液晶テレビ
第39回 ソニー「ネットジューク」最新モデルをチェックする(2) - 新モデルの音質
第38回 ソニー「ネットジューク」最新モデルをチェックする(1) セッティングとUI
第37回 オーディオテクニカの新型インナーイヤーヘッドフォンを聞く
第36回 圧縮音楽の補正技術は本当にうまく働くのか
第35回 ロジクールのマルチリモコン「Harmony」の途中経過
第34回 団塊の世代をターゲットにした製品って
第33回 ロジクールのマルチリモコンを試す(1)
第32回 スピーカーで聴くバーチャルサラウンド
第31回 HD DVDとBlu-ray Disc、ソフトのタイトルは?
第30回 コンパクトなスピーカーの音量は足りる?
第29回 HDDのトラブルに泣かされる
第28回 徹底的に低価格な謎のMP3プレイヤーの試聴にチャレンジする
第27回 ヘッドフォンサラウンドを手軽に試す(2)
第26回 ヘッドフォンサラウンドを手軽に試す
第25回 余ったメディアの再利用
第24回 1年前と最新のポータブルオーディオプレイヤー
第23回 測定したヘッドフォンの音漏れ以外の性能はどうなのか(2)
第22回 測定したヘッドフォンの音漏れ以外の性能はどうなのか(1)
第21回 ポータブルオーディオプレーヤーの音をスピーカーで鳴らす
第20回 ヘッドフォンの音漏れは、言われているほどにうるさいのか(4)
第19回 ヘッドフォンの音漏れは、言われているほどにうるさいのか(3)
第18回 ヘッドフォンの音漏れは、言われているほどにうるさいのか(2)
第17回 ヘッドフォンの音漏れは、言われているほどにうるさいのか(1)
第16回 ビデオ用8倍速のDVD-R DLメディア登場
第15回 ポータブルスピーカーはどのくらい聴けるのか(2) - Travelシリーズ編
第14回 ポータブルスピーカーはどのくらい聴けるのか(1) - Travelシリーズ編
第13回 BauXar Marty101試聴会に行ってきました
第12回 オーディオセレクター+パワードスピーカーでのリスニング環境構築
第11回 マルチメディア用2.1chスピーカーをオーディオ製品として聴く
第10回 精度を要求しない測定環境(2) - 身の回りの機器を測定する
第9回 精度を要求しない測定環境(1)
第8回 DLNAガイダンス準拠機器ではないネットワークメディアプレーヤーを試す
第7回 音楽データをどこに置くかがポイント
第6回 バッファローLinkTheaterでPC内の音楽ファイルを再生する
第5回 PC内のMP3ファイルをNAS-M7HDに取り込む
第4回 今度こそNAS-M7HDでPC内の音楽をストリーミング再生する
第3回 突然、長瀬産業のHMP-100のレビューを行う
第2回 オーディオのネットワークを考えてみる(2)
第1回 オーディオのネットワークを考えてみる(1)

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事