【コラム】

暮らしのサウンドビジュアル

84 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(5)

84/116

「スマートフォンに適したBluetoothスピーカー」編の第5回は、クリエイティブメディアの製品「Creative D100」だ。当記事では、比較の基準とするスピーカーとして「Creative D80」を採用している。D100は、同社のBluetoothスピーカーの第1弾として「Creative D200」「Zii SOUND D5」とともに2010年に発売された製品だ。D100はこれらの中でもエントリーモデルとして位置付けられていたもの。D80はD100のさらに下位モデルとして、2011年5月に発売された製品だ。

今回のチェック対象は「Creative D100」。基準として使用している「Creative D80」に近いスタイルのモデルだ

D80を基準モデルとして選んだのは、とにかくシンプルなBluetoothスピーカーだという点が大きいが、コンパクトさも大きな要因だ。D100、D80の2製品とも、横長のワンボックスタイプのバスレフキャビネットにフルレンジユニットが納められたスタイルのスピーカーだ。同社のWebサイトに掲載されている写真を見ると、どうもD100はD80よりも大きいような印象を受ける。同社では両製品の細かい仕様は公開しておらず、また、サランネットを外すことができないので、実際にどのようなユニットが使用されているのかは分からない。ただ、D100では、D80に比べて1cm程直径の大きなユニットが使用されているようだ。そのせいもあり、高さと奥行きは115mmで、D80の100mmよりも15mm程大きい。横幅はD100が336mmでD80が325mm。

しかし、並べてみるとわかるが、2台のサイズにそれほど大きな違いはない。また、D100のほうが上位モデルと分類されてはいるが、同社のショッピングサイト「クリエイティブストア」での直販価格はD100が6,480円でD80が4,980円だ。価格的にはどちらもそれほど高価というわけではない。このように、D100はD80に非常に近い製品だ。ところが同社に聞いたところ、D100とD80は音のクオリティに相当の開きがあるとのこと。では、実際にこの2台にはどれほどの差があるのだろうか、というのが今回のテーマだ。

クリエイティブストアの写真を見るとD100のほうがだいぶ大きく見えるが……

左がD100で右がD80。やはりD100のほうが若干大きいが、セッティングしてしまうとそれほどの違いはない

2製品には、機能面での違いも2点存在する。1つは電源だ。D100は電池での動作にも対応している。使用するのは単3形電池×4本。アルカリ乾電池推奨となっているが(連続稼働時間は約25時間)、ニッケル水素バッテリーでも問題なく動作している。また、D80の外部電源はAC 100Vを直に接続するタイプだったが、D100でAC電源を使用する際はACアダプターを使用するスタイルとなっている。

2つめの違いはアナログ外部入力端子の仕様だ。D80の外部入力端子はフロントパネルに装備されていて、ポータブルデバイスなどをアナログ接続する際には使いやすいのだが、据え置き型の機器を常時接続しておくのには向いていない。D100では、外部入力端子は背面に搭載されている。どちらが便利なのかは使用スタイルによって変わってくるだろう。

D100では、バッテリー駆動が可能だ

アナログ入力端子は背面に装備している

フロントパネルは、Bluetoothボタンとボリュームのみだ

Bluetoothの接続先をD80からD100に切り換えて、スマートフォンに保存してある音楽を再生してみる。すると、明らかにD80とは高域の出方が異なるのに気付く。どちらもフルレンジなのだが、D80からD100へ切り換えて聴くと、D100が2Wayのシステムであると錯覚してしまうほどだ。さらに中域もD80よりもクリアになっているように感じられる。低域に関しては、D100のほうがユニットサイズが大きくなっているので期待したのだが、D80のほうが若干ダイナミックに感じられた。全体的に、前回試聴したSoundLinkに近いバランスだといえるだろう。指向性に関してはD80と同様に非常に広く、真横の位置で聴いても音は破綻しない。前回の「SoundLink」の記事で、バッテリー内蔵のスピーカーなら、指向性が狭くてもスピーカーの位置を自由に変えられるので……ということを書いたのだが、D100の場合はその必要はない。D100のバッテリーは、純粋に外部電源を確保できない場所で聴くためのものだ。

さて、D100の特性を測定してみよう。測定の方法は従来と同じで、1kHzの時に-6dBになるように設定して、他の周波数でもレベルを計ってみた。測定している周波数は100Hz、440Hz、1kHz、2kHz、4kHz、8kHz、10kHz、12kHz、16kHzだ。200Hz、8kHz、12kHzは今回から追加した。

100Hzのグラフでは、-24.6dBという数値が出ている。ただし、ピークの周波数は91Hzと出ており、他の周波数も混ざっているようではある。440Hzでは-9.3dB。D80の-5.8dBに比べると低い数値になっている。

100Hz

440Hz

D80の440Hz(参考)

2kHzでは-7.1dB。D80では-4.7dBだったが、それぞれの波形を見比べるとD80の方では2kHz以外の周波数成分がD100に比べて多く出ていることがわかる。純粋な2kHzのレベルはほぼ同一だ。4kHzでは-4.9dB。D80の-6.9dBに比べて高い。8kHzでは-23.1dB。D80は-32.9dBだ。この辺りの高域になってくると、かなり差が出てくる。10kHzでは-39.3dBで、D80の-42dBは辛うじて聴こえるレベルだ。D100では12kHzでも-38.1dB出ているが、これは他の周波数が混ざった数値だ。グラフの見た目から判断すると-43dB程度と思われる。D80では-50dB程度だ。D100では16kHzでもまだグラフが表示される。-53.6dBとなっているが、スピーカーに耳を近づけると、何とか聴くことができるレベルだ。一方、D80ではまったくグラフには表示されずに、音も聴こえない。最後に両方のホワイトノイズを比較してみると、D100のほうが高域まで伸びていることが分かる。また、目立った落ち込みもなく、比較的フラットなグラフだ。

2kHz

D80の2kHz(参考)

4kHz

D80の4kHz(参考)

8kHz

D80の8kHz(参考)

10kHz

D80の10kHz(参考)

12kHz

D80の12kHz(参考)

16kHz

D80の16kHz(参考)

ホワイトノイズ

D80のホワイトノイズ(参考)

D100は、見た目こそD80に近いが、中身は別物だ。D5、D200、D100を発表した当時、同社では、これらのスピーカーを「Bluetoothに対応したさまざまな機器で利用可能な、ピュアワイヤレスミュージックリスニング用のセッティングフリーなスピーカー」と説明していた。確かにこの3モデルは、それだけ力を入れて作られた製品だったのだろう。基準として使用しているD80に非常に近いスタイルのスピーカーだが、近いのはスタイルだけというのが、今回のチェックの結果だ。6,480円という価格を考えると、とんででもなくコストパフォーマンスは高いと思える。

84/116

インデックス

連載目次
第116回 クラッチバッグのようなデザインのBluetoothスピーカー「Beoplay A2」
第115回 デスクトップのリスニング環境に適した「SoundBlaster X7」
第114回 ComplyイヤーチップのPシリーズは使い方を選ぶがスグレモノ
第113回 Complyイヤーチップのプレミアムモデルとスタンダードモデルとの差を探る
第112回 最新ノイズキャンセリングヘッドホンの性能を検証(3)
第111回 最新ノイズキャンセリングヘッドホンの性能を検証(2)
第110回 最新ノイズキャンセリングヘッドホンの性能を検証(1)
第109回 標準付属品のイヤホンから買い替える高"コスパ"イヤホン(7)
第108回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(8)
第107回 標準付属品のイヤホンから買い替える高"コスパ"イヤホン(6)
第106回 標準付属品のイヤホンから買い替える高"コスパ"イヤホン(5)
第105回 標準付属品のイヤホンから買い換える高"コスパ"イヤホン(4)
第104回 標準付属品のイヤホンから買い換える高"コスパ"イヤホン(3)
第103回 標準付属品のイヤホンから買い換える高"コスパ"イヤホン(2)
第102回 標準付属品のイヤホンから買い換える高"コスパ"イヤホン(1)
第101回 多機能アクティブスピーカー「SoundBlaster Axx」を使ってみた
第100回 手軽なところからスタートするハイレゾ音源再生環境(4)
第99回 手軽なところからスタートするハイレゾ音源再生環境(3)
第98回 手軽なところからスタートするハイレゾ音源再生環境(2)
第97回 手軽なところからスタートするハイレゾ音源再生環境(1)
第96回 Bluetoothスピーカーの置き方(4)
第95回 Bluetoothスピーカーの置き方(3)
第94回 ちょっと便利なBluetoothスピーカー「Creative Airwave HD」
第93回 Bluetoothスピーカーの置き方(2)
第92回 Bluetoothスピーカーの置き方(1)
第91回 いまさらながらのインターネットラジオ(3)
第90回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(7)
第89回 いまさらながらのインターネットラジオ(2)
第88回 いまさらながらのインターネットラジオ(1)
第87回 ミニマムなデジタル録画環境として「nasne」はあり? なし?
第86回 インドア用のヘッドホンを買い換えた
第85回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(6)
第84回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(5)
第83回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(4)
第82回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(3)
第81回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(2)
第80回 スマートフォンに適したBluetoothスピーカー(1)
第79回 キャビネット容積が限られたスピーカーでも高音質を実現するCONEQ技術
第78回 ボーズの1.1chホームシアターシステム「Lifestyle 135」の音を聴いてみた
第77回 チューナー内蔵レコーダーの登場で便利になった「スカパー!HD」
第76回 ヤマハらしいサウンドのヘッドホン「HPH-200」
第75回 実用的なAndroidタブレットプレーヤ「ZiiO」
第74回 ソニー、RM-PLZ530D - 学習機能付きリモコンのマクロ機能を使いこなす
第73回 ウォークマンがiPodを再び抜いた件に関して
第72回 2011年のレシーバー
第71回 3D放送の一般化にはまだ時間がかかるらしい
第70回 年末以降のテレビ需要
第69回 何インチからが大画面か
第68回 圧縮音楽ファイルのエンコード方法とビットレートによる音質の違いを調べる
第67回 ZEN X-Fi Styleを使ってみた
第66回 JBLの最新モデルを聞き比べ(後編)
第65回 JBLの最新モデルを聞き比べる(前編)
第64回 クリエイティブのBluetoothスピーカー「ZiiSound D5」を試してみた
第63回 一から始めるAV機器ネットワーク(3) - もっとメジャーになってほしいDLNA
第62回 ちょっと大きめのパーソナルTVが欲しい - シャープのLED AQUOS「LC-32SC1」を試用する
第61回 一から始めるAV機器ネットワーク(2) - もっとメジャーになってほしいDLNA
第60回 一から始めるAV機器ネットワーク(1) - もっとメジャーになってほしいDLNA
第59回 セカンドテレビを最新仕様にアップグレードするネットワークメディアプレーヤー(2)
第58回 セカンドTVを最新仕様にアップグレードするネットワークメディアプレーヤー
第57回 デジタルノイズキャンセングヘッドホン「MDR-NC300D」
第56回 ウォークマン最高モデル Xシリーズを試す - ノイズキャンセリング効果とサウンド
第55回 ウォークマン最高モデル Xシリーズを試す - 操作性と付属機能
第54回 遅ればせながらBDレコーダーを導入(1)
第53回 高音質タイプの骨伝道ヘッドホンを試してみる - ティアック Filltune「HP-F200」
第52回 HDMI 1.3時代のAVアンプ機能比較(1) - エントリークラス編
第51回 エバーグリーンの低価格メディアリペアキットを試す
第50回 W-ZERO3[es]とクリエイティブ「Xmod」で「どこでも高音質」を実現したい(2)
第49回 マクセルの高音質システムヘッドフォン「Vraison」を試す
第48回 流行の丈夫なDVD-Rはどこまで頑丈か
第47回 小型デジタルハイビジョン液晶テレビ、東芝REGZA 20C2000を使う(2)
第46回 小型デジタルハイビジョン液晶テレビ、東芝REGZA 20C2000を使う(1)
第45回 ドルビーバーチャルスピーカー採用2.1chサラウンドシステムをセッティング
第44回 W-ZERO3 [es]とクリエイティブ「Xmod」で「どこでも高音質」を実現したい(1)
第43回 ICレコーダーを購入
第42回 骨伝導ヘッドフォンを買ってみた
第41回 USBからの電源でも動作する高音質アダプター
第40回 低価格化が進むフルHD37V型液晶テレビ
第39回 ソニー「ネットジューク」最新モデルをチェックする(2) - 新モデルの音質
第38回 ソニー「ネットジューク」最新モデルをチェックする(1) セッティングとUI
第37回 オーディオテクニカの新型インナーイヤーヘッドフォンを聞く
第36回 圧縮音楽の補正技術は本当にうまく働くのか
第35回 ロジクールのマルチリモコン「Harmony」の途中経過
第34回 団塊の世代をターゲットにした製品って
第33回 ロジクールのマルチリモコンを試す(1)
第32回 スピーカーで聴くバーチャルサラウンド
第31回 HD DVDとBlu-ray Disc、ソフトのタイトルは?
第30回 コンパクトなスピーカーの音量は足りる?
第29回 HDDのトラブルに泣かされる
第28回 徹底的に低価格な謎のMP3プレイヤーの試聴にチャレンジする
第27回 ヘッドフォンサラウンドを手軽に試す(2)
第26回 ヘッドフォンサラウンドを手軽に試す
第25回 余ったメディアの再利用
第24回 1年前と最新のポータブルオーディオプレイヤー
第23回 測定したヘッドフォンの音漏れ以外の性能はどうなのか(2)
第22回 測定したヘッドフォンの音漏れ以外の性能はどうなのか(1)
第21回 ポータブルオーディオプレーヤーの音をスピーカーで鳴らす
第20回 ヘッドフォンの音漏れは、言われているほどにうるさいのか(4)
第19回 ヘッドフォンの音漏れは、言われているほどにうるさいのか(3)
第18回 ヘッドフォンの音漏れは、言われているほどにうるさいのか(2)
第17回 ヘッドフォンの音漏れは、言われているほどにうるさいのか(1)
第16回 ビデオ用8倍速のDVD-R DLメディア登場
第15回 ポータブルスピーカーはどのくらい聴けるのか(2) - Travelシリーズ編
第14回 ポータブルスピーカーはどのくらい聴けるのか(1) - Travelシリーズ編
第13回 BauXar Marty101試聴会に行ってきました
第12回 オーディオセレクター+パワードスピーカーでのリスニング環境構築
第11回 マルチメディア用2.1chスピーカーをオーディオ製品として聴く
第10回 精度を要求しない測定環境(2) - 身の回りの機器を測定する
第9回 精度を要求しない測定環境(1)
第8回 DLNAガイダンス準拠機器ではないネットワークメディアプレーヤーを試す
第7回 音楽データをどこに置くかがポイント
第6回 バッファローLinkTheaterでPC内の音楽ファイルを再生する
第5回 PC内のMP3ファイルをNAS-M7HDに取り込む
第4回 今度こそNAS-M7HDでPC内の音楽をストリーミング再生する
第3回 突然、長瀬産業のHMP-100のレビューを行う
第2回 オーディオのネットワークを考えてみる(2)
第1回 オーディオのネットワークを考えてみる(1)

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事