【コラム】

Mac Fan ハードウェアレビュー

55 インクジェット複合機「MyMio DCP-535CN」

55/62

無線LANとADF標準搭載でリビングに最適な複合機
【2009年3月号掲載】



スペック

[発売元] ブラザー販売 [価格] オープンプライス [実勢価格] 1万8,000円前後
[OS] Mac OS X 10.2.4以上 [解像度] プリンタ:6000×1200dpi、スキャナ:1200×2400dpi [インターフェイス] USB2.0、10/100BASE-TX、IEEE802.11b/g [サイズ/重量] W390×D375×H180mm/約8.0kg [備考] インク数:4色インク、最小インク滴:1.5pl、液晶サイズ:3.3インチ [掲載号] 「Mac Fan」2009年3月号

OVERVIEW

インクジェットプリンタといえばパソコンのすぐそばに置いて、周辺機器として使うのが一般的だった。しかし、本体のボタン1つでコピーやスキャン、デジカメ写真の印刷が行える多機能な複合機の登場によって、今ではリビングに置いて家電のような感覚で利用するユーザも多い。

その際に重要となるのは、有線/無線LAN機能の有無だ。本製品のように有線/無線LAN接続に対応していれば離れた場所からでもプリントやスキャンなどが行える。また、複数人で1台の複合機を共有できる。

(1) ADFで楽々コピー
15枚まで一度にセットできるADFを搭載。コピーやスキャン時に活躍する

本製品は有線/無線LAN標準搭載に加え、最大解像度6000dpiと最小インク滴1.5ピコリットルの高解像度印刷が可能な点も特徴の1つ。さらにコンパクトな本体にはADF(自動原稿送り装置)を搭載する。有線/無線LANに対応した製品は他社からも発売されているが、この価格帯でADFまで搭載しているのは大変珍しい。

(2) 高さを抑えたコンパクト設計
ADFを搭載しながら、高さは18cmと大変コンパクト。液晶パネルは横長の3.3インチ。画像表示はやや小さくなるが、メニュー項目は非常に見やすい

FOCUS ON

(3) 詳細設定も可能なプリントドライバ
高度な設定をしたい場合はドライバで[拡張設定]を選択。色補正などドライバ側でいろいろコントロールできる

無線LANや有線LAN経由で接続する場合には、使い勝手が重要といえる。本製品では無線LANの接続は基本的にアクセスポイントを選択してパスワードを入力するだけ。あとはMac側にドライバがインストールされていれば、離れた場所に設置されたMacからUSB接続しているようにプリントできる。

ネットワーク経由のスキャンも原稿をセットして送り先となるネットワーク上のMacを選択し、スキャンボタンを押すだけと簡単だ。ただし、無線LAN接続の場合、メモリカードやUSBメモリは自動的にMacにマウントされず、WEBブラウザに本体のIPアドレスを入力してアクセスした上でファイルをコピーしなければならない。

(4) ワンクリックで簡単設定
「コントロールセンター2」というアプリケーションが付属する。スキャン後にOCR(文字認識)処理したり、Eメールに添付したりなどがワンボタンで選択可能だ

一方、ADFを利用したコピー性能は高い。ADFがあれば原稿台の上に15枚までセットして一気に読み取れる。普段はコピー機として利用する機会が多く、ときおり写真を高画質で印刷したいユーザに最適だ。用紙トレイには、L判やハガキサイズの用紙とA4など通常サイズの用紙を同時にセットしておけるので用紙を入れ替える手間もない。

コピー速度も少しずつ読み取っては印刷する方式ながら1枚あたり42秒、モノクロコピー30秒と高速。品質面も同社の従来機に比べて向上している。また、L判フチなし写真の印刷時間も27秒と高速化している点も見逃せない。

(5) 高速モードでも高い品質
顔料ブラックインクを搭載しているため、テキストをシャープにプリントできる。高速モードだとやや薄めだが、実用レベルだ

(6) 原稿に忠実な仕上がり
L判写真1枚のプリント速度は約28秒前後。4色インクながら仕上がりは良好で、L判サイズであれば十分なクオリティといえる。発色は原稿に忠実で、全体にややおとなしい仕上がりだ

AFTER REVIEW

本体はリビングにもマッチするようコンパクトにまとめられている。また、角ばったデザインでないためリビングに置いても存在感を感じさせない。インクは右手前の扉を開けて交換するスタイルとなっており、本体内部にアクセスする必要がない。そのため、高い場所に置いても使える。エプソンやキヤノンの製品と比べると多彩なコピー機能はないが、縮小・拡大コピーや4in1コピー、ポスターコピー、透かしコピーなど必要十分な機能は搭載している。

55/62

インデックス

連載目次
第62回 名刺用スキャナ「WorldCard Mac de 名刺 Plus」
第61回 プロジェクタ「KG-PL011S」
第60回 プレゼンテーション用リモコン「プレジェンヌ」
第59回 デジタルペン「KG-DP301/KG-DP201」
第58回 メモリカード「SanDisk Extreme SDHC」
第57回 多機能コントローラ「Logicool G13 Advanced Gameboard」
第56回 スピーカ「i-Swing[PSP-IS]」
第55回 インクジェット複合機「MyMio DCP-535CN」
第54回 ワンセグチューナ「DH-KONE8G/U2DS」
第53回 映像キャプチャツール「Video cap Mac」
第52回 インクジェット複合機「HP Photosmart C5380 All-in-One」
第51回 無線LAN&メモリカード「Eye-Fi Share」
第50回 データ通信カード「W06K」
第49回 インクジェット複合機「PIXUS MP630」
第48回 PLCアダプタ「PLC-ET/M2-S」
第47回 インクジェット複合機「マルチフォトカラリオ EP-801A」
第46回 外付けハードディスクケース「DT2 DeckTank(DT2-WBC)」
第45回 液晶モニタ「MultiSync LCD-EA241WM」
第44回 フラットベッドスキャナ「カラリオスキャナ GT-F720」
第43回 通信アダプタ「b-mobile3G hours150」
第42回 地上デジタルチューナ「CaptyTV Hi-Vision」
第41回 メディアストレージビューワ「Photo Fine Player P-7000/P-6000」
第40回 地デジチューナ「MacTV GV-MACTV」
第39回 フラットベッドスキャナ「CanonScan 5600F」
第38回 ペン型スキャナ「DocuPen RC810」
第37回 外付けハードディスク「My Book Studio Edition」
第36回 ラベルプリンタ「P-touch QL-580N」
第35回 インクジェット複合機「Lexmark X4650」
第34回 インクジェット複合機「HP Officejet J6480」
第33回 ドキュメントスキャナ「カラリオ スキャナ GT-D1000」
第32回 ラベルライタ「『テプラ』PRO SR3700P」
第31回 グラフィックカード「ATI Radeon HD 3870 Mac & PC Edition」
第30回 DVDドライブ「LDR-MA20FU2/WM」
第29回 カラーマネージメントツール「ColorMunki Photo」
第28回 TVチューナ「EyeTV 250 Plus」
第27回 リニアPCMレコーダ「R-09HR」
第26回 ドキュメントスキャナ「ScanSnap S510M/S300M」
第25回 デジタルビデオカメラ「Everio GZ-HD6」
第24回 ネットワークカメラ「CG-WLNCM4G」
第23回 インクジェット複合機「PIXUS MX850」
第22回 レーザプリンタ「magicolor 2590MF」
第21回 ワンセグチューナ「CG-3SGTRM」
第20回 LEDプリンタ「C8650dn」
第19回 インクジェット複合機「マルチフォトカラリオ PX-FA700」
第18回 ICレコーダ「PCM-D50」
第17回 ブルーレイドライブ「BRD-UM4」
第16回 ワンセグチューナ「LDT-1S302U」
第15回 レーザプリンタ「magicolor 8650DN」
第14回 A3インクジェットプリンタ「Epson Proselection PX-G5300」
第13回 インクジェットプリンタ「Photosmart C6280 All-in-One」
第12回 ポータブルDVDドライブ「LDR-PMD8U2」
第11回 薄型複合機「MyMio MFC-880CDWN」
第10回 ロケーションフリーベースステーション「LF-PK20」
第9回 TVキャプチャボックス「TVMax+」
第8回 ペンタブレット「Bamboo Fun」
第7回 ボイスレコーダ「Voice Trek DS-60」
第6回 Blu-rayドライブ「BRD-UXH6」
第5回 ワイドペンタブレット「PTB-ST12」
第4回 CCDスキャナ「CanoScan 8800F」
第3回 コンパクトプリンタ「HP Photosmart A628」
第2回 USBモデム型データ通信アダプタ「D01HW」
第1回 薄型フラットベッドスキャナ「カラリオ・スキャナ GT-F670」

もっと見る

No.1 Mac専門誌「Mac Fan」は毎月29日に発売

内容の詳細な情報は、Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」にて公開中

会員登録はこちら

●Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」はこちら

●最新号のお買い求めはこちらから

●バックナンバーのご購入はこちらから

●定期購読のお申し込みはこちらから

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事