【コラム】

趣味的第一種接近遭遇

25 メイドさんといっしょ! 萌えが苦手な人間に萌えを与えてみるの巻(前編)

25/67

次のコラムのネタをどうしようか、と考えていると編集Cさんから電話がかかってきた。

編集C「秋葉原でメイドさんがチラシ配ってるじゃないですか」
野口「はあ」
編集C「あれに行ってきてください」

相当な無茶振りである。調べてみるとメイドさんが配っているチラシとは、秋葉原をメイドさんとデートできるサービスのことらしい。メイドさんとデート……。メイドさんとデート……。メイドさんとデート……。3回繰り返した意味は特にないが、よく考えてみればこのコラムでは連載開始以来、こうした萌えを直球で扱ったことはまだ一度もない。萌え関係のニュースもさんざん担当しておいて言うのも大変罰当たりな話だが、なぜなら私が苦手だからである。

編集C「なんでコラムで萌えネタをやらないんですか」
野口「だって男の子だもん」
編集C「意味がわかりません」
野口「あーほら、ニュアンス的には『シティーハンター』の海坊主は猫が苦手、みたいなちょっと硬派な感じ?」
編集C「ごまかしてもダメです。いい加減に腹をくくってください。男の子なんでしょうが」
野口「ぬう……」

自分の発言で見事に自分の首を絞めてしまった。しかし確かにここらが年貢の納め時なのかもしれない。追い詰められた私は、断腸の思いでこのコラムの萌え解禁を承諾する代わりに、妥協案として編集Cさんの取材への同行を提案した。

編集C「……チキン野郎」
野口「うっさいわ! 取材に万全を期すためじゃボケ!」

文面からはわかりづらいが、これでも僕と編集Cさんは大変仲が良い(そういうことにしておいてください)。そして迎えた取材当日。しかし編集Cさんは秋葉原には現れなかった。「橋本龍太郎の持病と一緒なんだわ」という謎の留守電を残してCさんは見事に病欠。秋空の下、ひとり残された私は待ち合わせ場所だったはずの末広町駅3番出口に立ち尽くした。

「ひとりでどないせえっちゅうねん!」

しかし逆に考えれば、これは取材にかこつけてメイドさんと2人っきりで秋葉原デートができてしまうまたとないチャンス。いや、もともとひとりで取材に行ってこいという話なので、Cさんが病欠したところで最初の状況に戻っただけなのだが、そのときの私にそんな冷静な判断はできるはずもないのであった。

前置きが長くなって大変に申し訳ない。つまり今回はそれだけテンパっているということをお察しいただきたい。さて、今回取材にご協力いただいたお店は、秋葉原の中央通りから少し入った場所にある「メイドさんといっしょ」。まだオープンして2年ほどだが、メイドさんによる秋葉原ガイドのお店としては老舗にあたるとか。

末広町駅前の東京三菱UFJ銀行。初めての人は、ここか秋葉原のドンキホーテから電話してほしいとのこと

こちらが「メイドさんといっしょ」のあるビル。1階はラーメン屋、2階はメイドリフレ。カオスだ

本来は、受付を済ませたあとでこの公園で待ち合わせてからデート、という流れだそうです

システムを簡単に説明すると、60分なら6,000円で、90分なら9,000円、120分なら12,000円……という料金形態(初回のみ45分3,000円)。握手はOKだけど、手をつなぐのは禁止、カラオケ以外で個室に入ることは禁止など、ルールも決められているので気をつけてほしい。「それはデートなのか?」という野暮なツッコミはご主人様たる紳士淑女なら入れないように。通常の秋葉原コースと、秋葉原外に行けるロングコースがあり、服装もメイド服か私服を選べるようになっている。もちろん女性も利用可能。あくまでメイドさんが秋葉原をガイドしてくれるというサービスなので、デートという部分であまり過剰に誤解しないようお願いしたい。

お店の入り口はこんな感じ。姉妹店「ギャルソンと一緒」もあります

受付はこんな感じ。写真やフィギュアがいっぱいならんでます

今回ご一緒していただいた、せらさん。看板娘です

緊張しつつ取材が、もといデートがスタート

今回同行していただいた「せらさん」は、オタク知識もばっちりというメイドさん。写真を見ていただければ一目瞭然だが、こんな冗談半分の取材には大変もったいない、すばらしい方であるとだけ言っておく。受付を済ませて取材に繰り出そうとすると、瀕死のはずの編集Cさんから携帯に下記のようなメールが届いていた。

「グダグダにならないよう指令を出しておきます。僕が出演している『アニメTV』という番組で、この間『ハピネス』というCDを出したので、メイドさんと一緒に買ってきてください」

本人の許可を得たのでここで明かしてしまうが、このコラムを担当する「Cさん」こと千葉さんはマイコミジャーナル編集部で働く傍ら、テレビ神奈川で土曜深夜に放送中の長寿番組『アニメTV』で、声優の山本麻里安さんと共演しているという変わった人でもある。で、その千葉さんがミッションとして、自分の出演番組のCD(千葉さんが作詞を担当、歌うは山本麻里安さん)を買ってこいと言う……。

「アンタが得するだけやんけ!」

思わず携帯の画面に向かってツッコミを入れた私だったが、漫然と秋葉原をぶらつくより、こんな目的でもあったほうがいいのは確かなので、おとなしく指令に従うことにした。ビルから外に出ると秋葉原は平日でもかなり人手は多い。黙っていても取材にならないので、せらさんに案内していただきながらお話をうかがう。

「デートは私服のほうが多いですね。やっぱりメイド服で一緒に歩くとなると恥ずかしいっていう人が多くて、最初はメイド服を頼むんだけど、だんだん人の目が気になり出して……みたいな。でも途中で着替えられないんで、そこは乗り切ってもらってます(笑)。着ている私たちは全然平気なんですよ。秋葉原ならメイドさんがチラシを配ってたり、一般の方も普通にメイド服で歩いてたりしますし。だから気にしてるのは、きっとその人だけですね(笑)」

せらさん、にこやかにぶっちゃけた! でも確かにメイドさんと歩きながら取材していても注目されるようなことはない。「秋葉原ではおかしくないんで、いつもメイド服でご利用くださるとうれしいです」とのことなので、みなさんも遠慮なくメイドさんとデートしていただきたい。さて、そうこうするうちにソフマップ秋葉原音楽CD館に到着。探していたCDもおかげで無事に見つかった。ご主人様なら買い物ぐらいメイドに言いつけるものだが、私は小市民なので自分で買う。

お店に到着しました。ガイドは手慣れたもの

こちらが例のCD。個人的には左の山本正之のCDもかなり気になる

自分の買い物をメイドさんに買わせるなんて! というわけで、せらさんに撮ってもらう。本来メイドさんを撮影すべき記事としてはかなり本末転倒

せらさんの案内のおかげで目的の品を無事に購入。編集千葉さんへの義理を果たしてひと安心だが、そう言えば次の予定をまだ決めていない。取材時間はそんなにあるわけではないので、選択肢はそれほど多くなさそうだが……とその時、ちょっと試してみたいことが頭にひらめいた。

野口「メイド喫茶ってどうですかね?」
せらさん「じゃあ私がよく行くお店に行きましょう」

というわけで次回はメイドさんとメイド喫茶に行ってきます。なにその「カレーライスにカレーかけてみました」みたいな話。

25/67

インデックス

連載目次
第67回 イスラエル・オタクレポート(7) - イスラエルには日本語クラスもある
第66回 イスラエル・オタクレポート(6) - イスラエルにはアニメ翻訳グループもいる
第65回 イスラエル・オタクレポート(5) - イスラエルにはオタクイベントもある
第64回 イスラエル・オタクレポート(4) - イスラエルには美少女コスプレイヤーもいる
第63回 イスラエル・オタクレポート(3) - イスラエルには戦車博物館もある
第62回 イスラエル・オタクレポート(2) - イスラエルにはニコ動歌手もいる
第61回 イスラエル・オタクレポート(1) - イスラエルにはニコ厨がいる
第60回 幻聴妄想かるた! 床をゆらす謎の集団、若松組の秘密を追えの巻
第59回 新・少女まんが館! 隣町に引っ越したあの図書館は青かったの巻(後編)
第58回 新・少女まんが館! 隣町に引っ越したあの図書館は青かったの巻(前編)
第57回 トトロのバス停! あのへんな生き物は大分にいるのです、たぶんの巻(後編)
第56回 トトロのバス停! あのへんな生き物は大分にいるのです、たぶんの巻(前編)
第55回 年末お蔵出し! 豪華ゲスト陣が顔を揃えたデジハリ学園祭をレポート
第54回 アイドル撮影会! ファン同士のチームワークが肝心なのだの巻(後編)
第53回 アイドル撮影会! ファン同士のチームワークが肝心なのだの巻(前編)
第52回 ラジオ体操! 早朝の東京ビッグサイトでなにが起こったかの巻(後編)
第51回 ラジオ体操! 早朝の東京ビッグサイトでなにが起こったかの巻(前編)
第50回 昆虫食! タガメもゴキブリもみんなで食べれば怖くないの巻(後編)
第49回 昆虫食! タガメもゴキブリもみんなで食べれば怖くないの巻(前編)
第48回 東大ゲーム研! 公開リアルタイムアタックを完遂せよの巻(後編)
第47回 東大ゲーム研! 公開リアルタイムアタックを完遂せよの巻(前編)
第46回 抱き枕工場! 彼女たちは栃木の爽やかな一室で生まれていたの巻(後編)
第45回 抱き枕工場! 彼女たちは栃木の爽やかな一室で生まれていたの巻(前編)
第44回 痛車ミィティング! 富士スピードウェイに300台集まりましたの巻(後編)
第43回 痛車ミィティング! 富士スピードウェイに300台集まりましたの巻(前編)
第42回 続・レトロゲーム! あの神社も近い菖蒲町にゲーム倉庫が移転完了の巻(後編)
第41回 続・レトロゲーム! あの神社も近い菖蒲町にゲーム倉庫が移転完了の巻(前編)
第40回 女ま館! 少女まんがのオアシスとハクビシンを奥多摩に訪ねるの巻(後編)
第39回 女ま館! 少女まんがのオアシスとハクビシンを奥多摩に訪ねるの巻(前編)
第38回 模型塾! 土曜の午後のフィギュア教室は女性が多かったの巻(後編)
第37回 模型塾! 土曜の午後のフィギュア教室は女性が多かったの巻(前編)
第36回 秋葉原の猫喫茶! 我々オタクは猫耳も好きだが猫も大好きだの巻
第35回 ボツキャラ展! コレジャナイロボ作者が送る、ゆるすぎキャラの宴の巻
第34回 剥製! 博物館好きには見逃せない秋葉原裏のインドア動物園の巻
第33回 もう一度レトロゲーム! 『ギャラクシアン3』その他諸々解体せよの巻(後編)
第32回 もう一度レトロゲーム! 『ギャラクシアン3』その他諸々解体せよの巻(前編)
第31回 忘年会という名の総集編! 2007年アクセスランキングベスト5発表の巻
第30回 レトロゲーム! 幻の『ギャラクシアン3』もある謎の地下倉庫とは!?(後編)
第29回 レトロゲーム! 幻の『ギャラクシアン3』もある謎の地下倉庫とは!?(前編)
第28回 おそうじボランティア! 秋葉原でゴミ拾いをする戦士を探せの巻
第27回 勝鬨橋! 最近あの番組でもやってた橋の内部を探検してきましたの巻
第26回 メイドさんといっしょ! 萌えが苦手な人間に萌えを与えてみるの巻(後編)
第25回 メイドさんといっしょ! 萌えが苦手な人間に萌えを与えてみるの巻(前編)
第24回 団地! ALWAYSで三丁目の夕日な博物館は松戸にあったの巻
第23回 ふろくのミリョク☆展! ガスマスクから松島トモ子まで? の巻(男子編)
第22回 ふろくのミリョク☆展! ガスマスクから松島トモ子まで? の巻(女子編)
第21回 感覚ミュージアム! 宮城の新名所は癒されたり爆発したりするの巻(後編)
第20回 感覚ミュージアム! 宮城の新名所は癒されたり爆発したりするの巻(中編)
第19回 感覚ミュージアム! 宮城の新名所は癒されたり爆発したりするの巻(前編)
第18回 オタク外国人! 山谷に集う外国人旅行者と話してきましたの巻(後編)
第17回 オタク外国人! 山谷に集う外国人旅行者と話してきましたの巻(前編)
第16回 武器屋! 鎌倉大仏前で逆刃刀を抜くおばちゃんに出会うの巻
第15回 うさぎカフェ! 鎌倉のうさぎに向ひて言ふことなしの巻
第14回 地下探検! 山手通りがずーっと工事してたのはこれだったのかの巻(後編)
第13回 地下探検! 山手通りがずーっと工事してたのはこれだったのかの巻(前編)
第12回 電王! 東急線スタンプラリーに俺、鉄ちゃんと参上の巻(後編)
第11回 電王! 東急線スタンプラリーに俺、鉄ちゃんと参上の巻(前編)
第10回 宇宙食! 野口さんが食べた宇宙ラーメンを食べる私も野口さんの巻(後編)
第9回 宇宙食! 野口さんが食べた宇宙ラーメンを食べる私も野口さんの巻(前編)
第8回 ふれあい下水道! 地下25mの別世界に伝説のワニはいるかの巻
第7回 絵日記! カナダ人先生と奥様たちに囲まれてナイスな壁画を描くの巻
第6回 ムツゴロウ! あの動物王国の本当の魅力を教えますの巻(後編)
第5回 ムツゴロウ! あの動物王国の本当の魅力を教えますの巻(中編)
第4回 ムツゴロウ! あの動物王国の本当の魅力を教えますの巻(前編)
第3回 猫喫茶! 雨の午後に萌え萌えなヤツらは寝ているゼの巻
第2回 豆本! 卸商センターに集うファンシーな本の世界の巻
第1回 DS! 「正しい日本語」で、今日から僕も名誉教授の巻

もっと見る

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事