【インタビュー】

『アイドルタイムプリパラ』新アイドルの伊達朱里紗、大地葉、山田唯菜が語る - みんなを楽しませたいという気持ちは負けないです

1 「景色が全然ちがう!」って感動した

  • <<
  • <

1/2

2017年4月より放送を開始したTVアニメ『アイドルタイムプリパラ』。2014年スタートの『プリパラ』の新シリーズである本作では、前作から引き続き、真中らぁらが主人公をつとめる。そして、そのらぁらとともに主人公として、新しいプリパラ"パパラ宿"を舞台に物語を引っ張っていくのが夢川ゆい。ゆいと同じくパパラ宿での新アイドルとして、運動神経抜群の虹色にのと、プー大陸の姫にして巫女のプリンセスアイドル・ミーチルを自称する幸多みちるが登場。『アイドルタイムプリパラ』は彼女たちを中心に物語が進行していく。

伊達朱里紗(だてありさ)。5月10日生まれ。兵庫県出身。81プロデュース所属。主な出演は『アイドルタイムプリパラ』夢川ゆい役、『アイドルマスター シンデレラガールズ』難波笑美役、『ヲタクに恋は難しい』桃瀬成海役など(中)
大地葉(たいちよう)。8月6日生まれ。埼玉県出身。ヴィムス所属。主な出演は『アイドルタイムプリパラ』虹色にの役、『魔法陣グルグル』ジュジュ・クー・シュナムル役、『プリンセス・プリンシパル』ドロシー役など(左)
山田唯菜(やまだゆいな)。6月21日生まれ。福井県出身。アクセント所属。主な出演は『アイドルタイムプリパラ』幸多みちる役、『クロムクロ』ミラーサ役、『三者三葉』生徒役など(右)
撮影:Wataru Nishida(WATAROCK)

今回は、1クール終了後の夢川ゆい役の伊達朱里紗、虹色にの役の大地葉、幸多みちる役の山田唯菜に話を聞き、作品の魅力について語ってもらった。

この子には主人公を任せられる

――3人は『アイドルタイムプリパラ』からの新アイドルとして活躍しています。1クール演じてみていかがでしょうか。

伊達 ゆいちゃんは、自由奔放ですっとんきょうな子だなあというのが最初のイメージでした。"ゆめかわ"なものが好きで、お米が好きで、自分本位なキャラクターなのかなと思っていたんです。でも1クール終わってみたら、にのちゃんに対して先輩アイドルとして成長してきたな、この子になら主人公を任せられる! って感じてきました。

大地 にの自身も大きな成長をした1クールでした。にのは、もともと運動神経が抜群で、いろいろな部活に助っ人に行って頼りにされている子だったんですけど、それは狭い世界での話だったと気付いたんです。風紀委員長の地獄ミミ子に「井の中の蛙大海を知らず」と言われてもやもやしていたんですけど、それを吹っ切れるきっかけをくれたのがゆいでした。「にのも、夢見つけたいっす」。

伊達 「きっといつか見つかるよ!」って。

大地 そのおかげでにのもがんばれた。このふたりの関係性が深くなった1クールでしたね。

山田 私の主な出番は2クール目からなんですけど。なんとなく、ガァルマゲドンに導かれてアイドルデビューするのかなと思っていたんですけど、そういう感じなんだ、って(笑)。みちるのときは「無理無理無理無理」ばかり言っていますがプリパラチェンジしてミーチルになったら「出来る出来る出来る出来る」が口癖の正反対なキャラクターになるので、そういうところをうまく演じ分けていけたらと思っていました。

「今回は少し成長できたかな」って

――『アイドルタイムプリパラ』は『プリパラ』から続いている作品なので、すでにこれまで活躍したアイドルたちがたくさんいます。その中に新たなアイドルとして参加するのはプレッシャーもあったんじゃないでしょうか。

伊達 私はアニメの一つの話数の中でこんなにしゃべることが初めてだったんです。これまでに出演したアニメでは、台本を読んで、自分が演じるキャラクターが登場するページだけ折っていたんですけど、ゆいは全ページにいるんですよ! 膨大なセリフ量で、すごく大変でした。でも、らぁら役のひみちゃん(茜屋日海夏)が引っ張ってくれたんです。らぁらとゆいがふたりでしゃべるセリフがあると、あえて「せーの」と言わないで、ひみちゃんが息を吸うことでタイミングを合わせてくれたんです。先輩やわー! って思いました。

――まるで作中のらぁらとゆいのような関係ですね。

伊達 あと新鮮だったことがあります。アフレコブースってマイクに対してソファが「コの字」の形になっているんですけど、メインキャラクターを演じる人は、「コの字」のまんなか部分に座らせて頂くんです。私はいつも端っこに座っていたので、「景色が全然ちがう!」って感動したのを覚えています。

大地 それは思う。正面にマイクがあるんですけど大丈夫かなって。私はまず、受け入れてもらえるのかなと思いました。『プリパラ』はもちろんですけど、その前に『プリティーリズム』シリーズがあって、『アイドルタイムプリパラ』につながっている。トータルしたらすごい年数になりますよね。i☆Risのみんながやっている『プリパラ』が好きだって人ももちろんいるだろうし、そのなかに我々3人が入ってどうなるかなと。そんな不安のなか収録に行ってみると、みんなやさしくて、我々が溶け込めるように配慮してくれているのがビシビシ感じられました。なので、私たちが不安に思っているのは失礼だなと感じました。

山田 プレッシャーは毎回すごいですよね。でも、収録のたびに、学ぶこと、吸収することがたくさんあって、みちるちゃんとの距離もどんどん近づいていっている気がして。体感的にそう思えるところがあるので、これからもみちるちゃんと一緒に成長していきたいなと思っています。

応援してくれる人のためになおさらがんばらないと

――実際みなさんがプリパラアイドルとしてデビューして、それから周囲の反応はいかがでしたか。

大地 すごいことになっています、フィーバーですよ! 私のまわりは『プリパラ』のアミューズメントゲームをプレイしている人がたくさんいるんですけど、その中でも妹が、神アイドルでも上の方にいるような熱狂的なファンなんです。あとは、ファルルが好きすぎる高校時代の友人とか。もともと、そういった方たちに触発されてプレイはしていたんですよ。なので、にの役が決まった瞬間にものすごい数のラインがきました。こんなに連絡があったのははじめてだったので、「すごい作品に携わることになったんだな」って。『プリパラ』人気をめちゃくちゃ感じました。それから私のまわりでも10人以上が『プリパラ』デビューをして、みんなとパキッて遊んでいます。そういった子たちが応援してくれているから、なおさらがんばらないとなと思っています。

伊達 私は30分アニメのメインキャラクターを演じるのがはじめてだったので、兵庫の実家にいるおじいちゃんやおばあちゃんが喜んで、毎週観てくれています。おばあちゃんからは「ダンス、終わりの歌、ばあちゃんも一緒に毎週踊っています」って絵文字付きのメールがくるくらい。あと、私のお母さんがトレーナーをしていて、生徒のお母さんたちに、「今度うちの娘が『プリパラ』ってアニメの主人公をやるのよ」みたいに伝えたら、「知らない人いないですよー」「うちの娘も毎週観ていてー」って言われたらしくて、大きい作品なんだなあと。

山田 私も同じような感じ。私は出身が福井なのですが、しばらく連絡をとっていなかった地元の友達から「おめでとう」の言葉をいただいて。そういうきっかけを作ってくれた素敵な作品です。アニメをあまり知らない子でも『プリパラ』は知っていたりして、いろんな方に広く知られている作品なんだと改めて実感しました。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 「景色が全然ちがう!」って感動した
(2) 「いま『プリパラ』の世界に来ているんだ」って感じてもらいたい
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事