【インタビュー】

テレビ屋の声 - 第16回 日テレ"BINGO!"シリーズ・毛利忍氏、アイドルバラエティに『電波少年』の手法を持ち込んだ!?

1 ファン以外に知ってもらいたい気持ちで作る

  • <<
  • <

1/3

注目を集めるテレビ番組のディレクター、プロデューサー、放送作家、脚本家たちを、プロフェッショナルとしての尊敬の念を込めて"テレビ屋"と呼び、作り手の素顔を通して、番組の面白さを探っていく連載インタビュー「テレビ屋の声」

今回の"テレビ屋"は、日本テレビで『AKBINGO!』『NOGIBINGO!』『KEYABINGO!』シリーズ(きょう17日深夜に『KEYABINGO!3』スタート)といったアイドル番組をプロデュースする毛利忍氏。アイドルたちに慣れないバラエティ番組を挑戦させるにあたって取り入れたのは、自身がかつて携わっていた伝説の番組『電波少年』の手法だという。


毛利忍
1967年生まれ、東京都出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、1990年に日本テレビ放送網入社。スポーツ局、社会情報局をへて、制作に異動して『1億人の大質問!? 笑ってコラえて!』『電波少年』などを担当した後、『AKB1じ59ふん!』を皮切りに『AKBINGO!』『NOGIBINGO!』『KEYABINGO!』などのアイドルバラエティを制作。2015年からHuluに出向。

――当連載に前回登場したテレビ朝日の保坂広司さんが、アイドル番組が好きだということなのですが、アイドルには絶対的な顧客であるファンがいる中で、テレビ番組として大衆にも届けなければいけない使命を両立することの葛藤や、企画の上で気をつけていることなどを知りたいとおっしゃっていました。

もちろん、アイドル番組はファンの方に楽しんで見てほしいというのは絶対あるんですけど、僕がやってるAKBや坂道グループの地上波番組は、ファン以外の人が見ても楽しめる番組じゃないといけないと思ってます。でも、ファンとそれ以外の人が楽しめる内容が異なるというのをあまり感じたことはなくて、僕はAKBの子や坂道の子たちの良いところを、ファンじゃない人に知ってもらいたいという気持ちで作ってるんです。

グループとしてはみんな認識されているかもしれないけど、1人1人のパーソナルなキャラクターってご存じないじゃないですか。だからなるべく番組を通して、この子にはこういう魅力的なところがあるんですっていうのを、テレビを通してお伝えしているつもりなんで、ターゲットが乖離してるというストレスを感じたことはないですね。

――ファンを広げてもっと魅力を引き出すことで、それがファンへのサービスになるということですね。

もちろんファンの方に嫌われちゃう番組になってはいけないと思うんですけど、まあでもよくお叱りは受けますよ(笑)。番組内でメンバーを泣かしてしまうことも多々あるんですけど、それは決してそのメンバーが憎くいんじゃなくて、その子の良いところを出すためにやって、プラスになるんだよっていうことを主張したいです(笑)

――本番では厳しく当たっているウーマンラッシュアワーの村本大輔さんは、『AKBINGO!』のMCになった時の会見で、メンバーから「裏ではめちゃくちゃ優しい」と慕われてましたね。

あれは営業妨害です(笑)。嫌われてた方が良いんですよ。僕がアイドル番組のMCを決めるときは、なるべく視聴者の目線に近い人にしたいと考えていて、そのためには、あんまりアイドルを好きすぎない人がいいなって思ってるんです。彼らもメンバー1人1人のキャラクターは知らないから、知識ゼロから知っていく過程が、ファンではない視聴者が知っていく過程とマッチしていくんですね。また、『AKBINGO!』もウーマンの前はヤンキーのバッドボーイズにやってもらっていて、"アイドルと暴走族"っていう真逆の組み合わせでしたが、ウーマンもすごいゲスい部分を出していて、うまく化学反応が出てきてます。

『AKBINGO!』(毎週火曜24:59~25:29)
2008年スタート。昨年6月から、初代MCのバッドボーイズに代わり、ウーマンラッシュアワーが2代目MCを担当。

――『NOGIBINGO!』のMCをされているイジリー岡田さんなんて、清純派アイドルと真反対ですよね(笑)。テレ朝の保坂さんは、芸人さんはみんな「俺が俺が」というのが基本ベースにあるのに、アイドル番組のMCをやってる人みんなから「あの子たちのためにやってるんです」と聞いて驚かれたとも言っていました。なぜそうした心境になるのでしょうか?

もちろん芸人さんですから、自分たちがオイシイようになりたい気持ちはあるんでしょうけど、一緒に仕事をしていると、彼女たちのことがどんどん好きになって、「僕たちが知っているこの子たちの魅力を伝えたい」という心理になっていくと思うんです。それはテレビの基本でもあって、アイドルじゃなくても、最近聞いた面白い話や、おいしいラーメンを誰かに伝えたいという気持ちに似てると思うんですよね。自分が知ってて、面白かったり感動したり怒ったりすることを誰かに伝えたいっていうことなんだと思います。

――キャラを見出すと愛着がわいてくるんですね。

最初は嫌われていたイジリーさんもどんどん好きになっていって、一緒に乃木坂46のコンサートに行ったら、ライブ中に『NOGIBINGO!』でやったネタが、MCパートで出たりするんです。そうすると、「毛利さん、『NOGIBINGO!』のあれ、使ってましたね!」って喜んで(笑)。それは、僕ら制作者としてもうれしいですね。

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) ファン以外に知ってもらいたい気持ちで作る
(2) バラエティタレントとして一番"化けた"のは…
(3) ネット配信でアイドル番組は加速する
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事