【レポート】

購入者はシングル女性が100% - 女性向けコンパクトマンションが人気なワケ

1 女性向けコンパクトマンションとは?

  • <<
  • <

1/2

6月3日、東京都・大田区で一般社団法人「女性のための快適住まいづくり研究会」が女性目線でプロデュースしたコンパクトマンションの建物内覧会が行われた。

このマンションは、女性のマンション購入のノウハウを教えるセミナーや女性向けマンションのコンサルティングなどを手掛ける「女性のための快適住まいづくり研究会」が女性ならではの視点でプロデュースしたもの。同研究会によると、昨今、マンションを購入をしたいと考えるシングル女性の数が増加しており、実際にマンションを購入するシングル女性の数は過去最大となっているという。

今回のマンションも、広めの収納スペースや使い勝手の良いキッチンに加え、シンクの高さや洗面台タイルの色使いなどが選べるセミオーダースタイルが女性からの支持を得て、シングル女性の購入が100%を占めるという。内覧会に参加した入居予定者に購入したマンションについての感想や購入に踏み切った理由などについて聞いてきたので紹介しよう。

内覧会が行われた女性向けマンション

女性のマンション購入者"生の声"

ある会社員の入居予定者のマンション購入のきっかけはこうだ。これまで賃貸マンションに暮らしており、5年ほど前から分譲マンション購入を計画。インターネットで検索していた際に「女性のための快適住まいづくり研究会」の存在を知り、今年1月に初めてセミナーに参加したそうだ。研究会での活動を通してマンション購入のノウハウや女性向け住宅ローンについての理解を深め、沿線や1LDKの間取り、新築、駅チカを条件に部屋探しを始め、今回のマンション購入に至った。「探していた条件にピッタリだった。他物件と比較する上では、女性の目線を活かした設備(特に収納の広さ)が一番の決め手」だったという。

女性のための快適住まいづくり研究会 代表 小島ひろ美氏。内覧会では小島氏自らマンションの特長を紹介した

今回の内覧会で実際にマンション(外観・内装)を見た感想も「イメージ通りで満足している」とのこと。白を基調にした内装デザインと収納の広さ、使いやすいデザインのL字型キッチンがお気に入りだそうだ。実際に入居したら、広くなったキッチンで自炊をしたり友達を招いたりして家での時間を充実させていきたいとのこと。また、気持ちの面では「ローンを返さないと! 」という思いが仕事の活力に繋がったという。目指すのは「繰り上げ返済」。新たな気持ちで働くきっかけになったという。

広々としたL字型キッチン

続いて、30代後半の入居予定者は、こう話す。2年前から賃貸マンションで一人暮らし。一人暮らしを始める際に、親から「いっそのこと買ってしまえば? 」と言われていたこともあり、購入についてはずっと意識していたそうだ。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 女性向けコンパクトマンションとは?
(2) 女性マンション購入者の"生の声"

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事