【レポート】

2017年、iPadは進化をやめたのか

1 新しいiPadのネーミングに覚える違和感

  • <<
  • <

1/3

アップルは3月21日に、iPadのラインアップを刷新した。昨年3月にはアップル本社で発表イベントを開催し、iPad Pro 9.7インチモデルを発表したが、今回はウェブサイト上での発表に留まった。その理由も、登場した新型iPadを見れば分かる。

iPad(画像:アップルプレスリリースより)

アップルのiPadラインアップはこれまで、iPad Pro 12.9インチ·9.7インチモデルを頂点に、9.7インチのiPad Air 2、7.9インチのiPad mini 4、iPad mini 2という5つの製品を取り揃えていた。

今回のアップデートで、iPad Air 2とiPad mini 2がラインアップから姿を消し、代わりに9.7インチモデルの「iPad (5th generation)」が追加された。しかし、この新しくリリースされたiPadを、厳密に「新しいiPad」として良いかどうか迷う。

まずiPad Air 2の6.1mmという薄さから、7.5mmへと厚みが増している。重量も増えており、バッテリー搭載量が増加した。ただこのデザインは、iPad Airのものと同等であるため、iPad Airラインアップとしての進化をしたわけではなかった。

iPad Airと比較すると、プロセッサは2世代向上したA9を搭載し、カメラも500万画素から800万画素に向上した。そしてホームボタンは指紋認証Touch IDをサポートした。

しかし、それ以上の進化をしたわけではない。前述のように薄型化、小型化は進んでいないし、Apple Pencil対応や、Smart Connectorを通じたキーボードへの接続、高色域(P3)ディスプレイの採用、環境光に合わせてディスプレイの色温度を変えるTrue Toneなどの機能も、すべて採用されていないのだ。

ニーズに合わせて製品を作った

iPadのセールスポイントは、なんといってもその価格だ。これまで、9.7インチモデルのiPadの価格は登場以来、499ドルに保たれてきた。しかしiPad Pro 9.7インチモデルを599ドルで登場させたとき、iPad Air 2を399ドルに値下げした。

今回登場するiPadは、9.7インチモデルのiPadとしては最も安い329ドルで登場した。この価格で32GBのストレージを搭載しており、家庭でのライトな使用やビジネス、教育機関での活用にも十分対応できる。

前述の通りiPad mini 2がラインアップから消滅し、iPad mini 4も128GBモデルのみを399ドルすることから、9.7インチの新しいiPadが、iPadラインアップの中で最も安いモデルとなった。

最も安い標準サイズのiPadをリリースした狙いは、そこに大きなニーズが滞留していたから、と考えることができる。

これまでiPad Air 2には、ビジネス向け、そして教育向けに、大量導入のニーズが存在していた。しかし、2016年末から年明けにかけて、まとまった台数のiPad Air 2を発注しても、最大で10週間の納期が示されるなど、生産が追いついていなかった。

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 新しいiPadのネーミングに覚える違和感
(2) iPhoneは個、iPadは面の展開
(3) iPadはまだ進化する
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事